千葉市動物公園 Menimme ela:intarhaan


 千葉都市モノレール「動物公園駅」下車。県庁前からおよそ20分で到着。


 
 緑溢れる手ごろな広さの動物園でした。


門をくぐると白鳥の置物がお出迎え。


いきなりけたたましい声。声の主はこちら。のどを赤く膨らませて叫び走り回っていました。彼らモンキー族が並ぶ「モンキーゾーン」からスタート。


いろいろいましたが、こちら印象的。生後10日ほどの赤ちゃんを連れている家族の姿。小さい顔に表情が感じられます。


物知り君と大名主という風情。同じ敷地にいます。ゆっくりとした時間をすごす彼らと話がしてみたい・・・。

こちらはやや急ぎ足のグループ。


小学生たちがやっていましたよ。トイレ問題は人間の学校でも現在話題になっていますが、もちろんトイレ掃除賛成派です、私は。自分もやってきたし、当たり前だと思っていた。いつの間になくなったのか・・・


さてこちらが有名人!の風太君。レッサーパンダです。飼育員の方にじゃれていました。家族や兄弟が揃っています。でも風太君だけは別の檻。

こちらも良い姿勢が有名な「ミーアキャット」体重がよくわかります!本当にいつも誰かが見張りをしているのですね・・・。

寡黙で有名な「ハシビロコウ」。哲学者の風情。しばしにらめっことなります。


こちらは今日みごとにカラスにやられた、少し年を重ねたニンゲンたち。「狐の嫁入りか」と思ったら「カラスの粗相」!!!! どうりで頭上で「はっはっはっ・・・」とカラスらしからぬ声で鳴いておった!

随分歩きました。良い運動です。実家から近いのですが、十分に動物ワールドを楽しめる空間でした。今月唯一何もない日だったので思いきって行ってみました。

帰宅するとニュースで「ナマケモノの赤ちゃん誕生」が!しまった見逃しました。また次回に。

駅の看板の隅っこにあった絵。よいですね、これ。今週末、東京フィルハーモニーの皆さんによるイベントがあるそうです。

さて私は明日から宇都宮。若者たちとのリハーサル第二弾。暴れてきます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる