直通・・・?

本日はシベリウス協会理事運営委員会。毎月あります。こちらも昨年に比較して非常に穏やかな活動の今年です。


 運営委員のお一人、シベリウスアカデミーで勉強された飯田左恵さんのピアノリサイタルです。シベリウスはないのですが、グリーグ、ラウタヴァーラ、ノルドグレン、ヒュヴァリネンという北欧の作曲家が並びます。対比するものとしてドビュッシー、メシアンというフランスの作品も演奏されます。ぜひお越しください。
 詳細はこちらです。http://kawai-kmf.com/concert-info/2008/11.18/


 こちらは協会会長である舘野泉氏のお弟子さんによるコンサート。久保春代さん、水月恵美子さん、月本眞理子さん、平原あゆみさん。プログラムはすべてフィンランドの作曲家です。メラルティン、ラウタヴァーラ、メリライネン、メリカント。個性溢れるピアノ作品が並びます。こちらもぜひお越しください。

 第8回まで年2回のペースで継続してきた「森と湖の詩サロンコンサート」はこの1年お休みを頂きました。申し訳ありませんでした。毎回北欧の作品を楽しみにしてくださっていたお客様には本当に申し訳ない気持ちでした。2009年から再開します。次の企画が正式に決まりましたら、またウェブサイトで発表いたします。

さて千葉の実家に帰宅の折、バスの行き先表示で一瞬ひやっとしてしまったのです・・・・・

「○○○直通バス」という表示と運転手のアナウンス・・・。いつも乗車している路線なのですが、はじめて見て聞いた内容。

バス車内の電光掲示板表示には「千葉駅・・・△△(直通)・・・○○○」?????????????????????

△△の先はノンストップで終点まで行ってしまうのか!!と思った人はほかにもいたようで、思わず腰を浮かしかけ・・・そのときに車内に自動アナウンスのテープの声が・・・。

なんのことはない、普段必ず経由している「大学病院」を経由せずにまっすぐ終点の方面へ走りますよということでした。それでもまだ半信半疑で△△を通り過ぎてからやや緊張気味の車内・・・

直通というのはそういうことなのかな・・・確かに迂回せずに直通なのですが、直通バスというと思わずノンストップを思い浮かべてしまいます。ううむ、

そんなのんきな悩みで日々すごしている・・・・・わけではなく、こんな私でもいろいろと考えております。

ノーベル賞受賞者が今年日本から多数!素晴らしいです。そして基礎的な研究が表彰されたことがとても嬉しく素敵です。

それぞれの関係大学の様子がテレビでも映されていましたが、後輩である現役の学生たちも誇らしいですよね。音楽にはノーベル賞はありませぬが・・・・先輩たちが社会の中で国内外を問わず活躍していることを見るのは、大いに励みになるものです。逆に言うと後輩や教え子たちのためにも、未来につながる良い道を作っていくこと・・・・それは先を歩くものとして一つの大切な役割だと思います。

難しいのは何が良い道なのか・・・・、そこを常に厳しく見据えていないととんでもない迷路を築くことにもなりかねない。

己の足元もしっかり見据えて、少し先を夢見て音楽芸術とともに生きたい気持ちです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる