ラハティに戻る

宿泊したホテルです。一見素朴なコテージ風ですが、中は近代的なモダンなデザインです。

17日は朝4時起床、5時にホテルを出てバスでバスセンターへ。そこから大きなバスに乗り換えて、ケフラヴィーク空港へ。このシステムなかなか便利で良いなと思いました。行きは空港からレイキャヴィークのバスセンターまで大型バスで運び、そこからミニバスに乗り換えて各ホテルまで送ってくれるのです。帰りはその逆。

早朝ながらバスは満席。1時間ほどで空港へ到着。空港もすでに長い列ができているチェックインカウンター。便数が少ないので、集中します。我々はストックホルム経由のヘルシンキまで。

ケフラヴィーク空港は手ごろな大きさできれいです。外側から見るよりも内部は広く感じます。今回の失敗は・・・・ヴァイキングビールを買い損ねたこと!乗継なので没収されるであろうと思ったのが間違え!ストックホルムの乗り継ぎは荷物のチェックはなし。残念!

ストックホルムまで約3時間。大きな空港の端から端まで歩きすぐに搭乗。50分でヘルシンキにつきます。ヘルシンキ空港からはバスに乗って1時間半。ようやくラハティに到着です。時差があるので不思議な感じですが・・・動くほどに時間が先に進むのです。アイスランドからストックホルムでは時差2時間、ヘルシンキで3時間です。日本との時差は縮まる方向へ移動していました。

この日の夜はマルヤッタさんのお宅へお茶を呼ばれました。パイやチーズなど、長旅にほっとする暖かな味をいただきました。Kiitos!


 アラリック君です。この技が素晴らしかった!前に見たときより格段に上達していました。今日見せてもらった技は三日で習得したとか・・・器用なタイプだそうです。お姉さんのエンマちゃんは昔から絵が非常に上手でした。今はあまり描いていないようですが、繊細で芸術家肌だと思います。毎年の成長が楽しみです。本当に今回もいろいろありがとう!

明日は午前中に以前クローズだったホッロラの教会に案内していただくことになっています。帰国前の最後のイベントです。母のためにチェリさんが見学の手配をしてくださいました。お礼の言葉もありません。

たくさんの感謝の気持ちをフィンランドに残して、明日帰国します。19日の朝に成田到着です。久しぶりの夏の名残りの空気を少し恐ろしい思い出・・・・楽しみにしています。何しろこちらは完全に日本の冬の気温なので(-_-;)

帰国したらすぐにリハーサルが待っています!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 17-18は、アイスランドは天気大荒れだったそうです。都市部はそうでもなかったようですが、観光地では道路が土石流(?)で消えてしまったところもあるようです。

  • >みなみさん
    はい、一日観光がずれていたらアウトでした。市内観光はとんでもない状況でしたが・・・ゴールデンサークルに行けて良かったです。

コメントする

目次
閉じる