青梅の雷

凄まじい雷のステージを見ました。雨脚も時折強く・・・・電車も随分止まったようです。

 

 
 本日は弟子の匠君の仕事を拝見。しっかりと生徒さんに向き合ってよい仕事をしています。仲間と一緒に奏でる作品を大事に想っている生徒さんの声をたくさん聞いた気がします。生徒さんたちは良い顔をしています。注意深く音や言葉をきいて考えて演奏しているのが感じられます。素晴らしい!


 

 こちら、本日の記念に頂戴しました。かわいい優れもの、扇風機!その名も「Mini Fan」せんぶうきですな・・・・どうもありがとう!!


リハーサルの後は、先生方ご父兄の方とともにこちらのお店へ。とても趣があって素晴らしいところでした。こういう民家に住みたい!と想うのです。実際は手入れなどとても大変なのですが、やはり憧れです。そして落ち着きます。帰宅して調べてみると、なかなか素晴らしいお店でした。こちらです。

http://ichukyo.net/ 井中居 というところ。また機会を見つけて行ってみたいお店です。ありがとうございました。

弟子の二人は現在二人とも縁あって吹奏楽に携わっています。二人の共通点は、目の前の演奏者(生徒さん、学生さんたちですが)を、しっかりみて指導をしているところ。目的は生徒や学生たちがその演奏の機会を通して、一歩でも前へ進む力を自分で獲得することを目指しているところ。演奏者への愛情が深いところ・・・でしょうか。タイプは異なる二人ですが、大事にしていることが似ています。頼もしい二人です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる