地震お見舞い


 昨夜の地震は大きかった。再び東北地方です。岩手も青森も強い地震でした。母の故郷、福島も地震が続きます。心よりお見舞い申し上げます。

千葉もゆれました。最近小さな地震も多くて割と感じています。デスクワークの時は「あ、揺れた」とわかります。揺れる頻度が上がっているのは感じています。「くるな・・・」とまではいきませんが、なんとなくゆれ始める前に「!!」という気配を感じます。(私は鯰か)

10年以上前に関東での大きな地震のときに、空間を閃光が走ったのを見ています。大きな揺れが来る直前でした。あの光景はくっきりと記憶しています。

地震からは逃げられません。日本は。行政はそれを第一に街づくりを・・・・・こればかりは個人の力だけではどうにもならないので。

**************************************************************

本日は都心へ。某企業の社内報対談。初めての体験でありました。異業種コラボというのは最近ききますが、これはなんと言うのでしょうか。

自分に何ができるか不安、心配という面持ちでサントリーホールの隣に乗り込みましたが、楽しい対談の2時間となりました。このあたりはテレビ業界で働く方も多い場所。著名な方をよく見かけますが、本日は有名な女性アナウンサーをお見かけしました。おきれいですね、やはり・・・!

ということで、指揮者という仕事がやっていることを客観的に見る機会にもなり、とても良い時間でした。異業種であっても抱える問題は同じであったり、同じような仕事の体系を持っていたり・・・・とても勉強になりました。

対談のお相手であった某企業の人事部長様を初めとして、この企画をコーディネートしてくださった皆さん、カメラマンの皆さん・・・実はそろってお住まいが千葉県でありました!奇遇であります。

都心も暑かった・・・・でも長袖の綿の上着を着ています。日差しを避けているほうが涼しいように感じます。綿ですと汗も吸い取ります。結構さわやかなのですよ。暑い国の皆さんが肌を隠す服を着ていますよね。あの感覚。日本も亜熱帯気候!になりつつあるのでしたら、ちょっと服装も進化させてみようか・・・・と。

街中で面白い言葉に出会いました

都内の自宅に寄ったのですが、その近所で・・・

 小学生三人組が私の前を横に並んで歩いていました。私が近づくと一人が気がついてよけてくれました。「ありがとう!ごめんね」と言って通り過ぎてまもなく・・・・後ろから・・・「今の変な人!男なのに声が高かったよ!!」「え~~ちがうんじゃない?」よっぽど振り返ろうかと思いましたが・・・少年を驚かせてもね(苦笑)

そうか・・・・・私はオジサンに見えるのか。肩幅広いし、髪は短くなったし、首は太いし、パンツルックだし、この気候で長袖の上着だし・・・(泣)

高崎線で上野駅に向かうとき、15両編成の車両で前に乗るとホームの思いっきり端に止まるのです。その車両に乗っていたどこかのオジサン。上野駅構内に入ってくると「止まれよ、とまれったら、いい加減に止まれよ~~」と一人車内でドア越しにホームに向かって文句を言う。まあ、前に乗ったのが悪いよ、あきらめようよオジサン(汗) 

街には人の言葉が溢れている。拾うと面白いよ!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • またまたの地震でした。今回は夜中だったので(まだ起きていましたが)不安でした。楽器と犬を抱いて右往左往してました。(なぜかパジャマである事は忘れてました)

  • >さおり様
    本当に大変だったと思います。こちらでも結構不気味に揺れていました。ご無事でよかったです!
    引き続き余震にもお気をつけてください。皆さんにもよろしくお伝えください!

  • 世の中に男装の麗人がいることをしっかり教えないといけませんねえ!教えてどうなるかは判りませんが。。。

  • >みなみさん
    ええええ、男装の麗人ですか!!!?
    少なくとも自分は違うと思っているのですが・・・・
    どちらかというとお転婆おばさん・・・そのような分類はないでしょうね・・・。

コメントする

目次
閉じる