創ること


 
 今日の関東は久しぶりの太陽の光・・・
 
 昨日は「雷」「大雨」という予報が裏切られてほっとした一日。多摩地区にある音大は都内よりも必ず気温は低く、雨は激しい。千葉からの移動は、大陸横断か!という気分にもなる。関東地方のJR鉄道路線図を真横に一直線。それはそれはかなりの距離。

授業は分奏2回を経て久しぶりの合奏。これまで合奏経験の少ない若い学生たちとオーケストラを作り上げることは大変だ。しかし、ぜひこのオーケストラの世界の魅力を感じてほしいし、何よりこの中で自分の役割を見つけていってほしい。そして世界の素晴らしい作品たちの中で、音楽の言葉を自分のものにしてほしい・・・・

授業のあとはダッシュで次の仕事へ・・・まだ詳細は発表できませんが、ある番組の収録でした。後日詳細を。

創るということにこの企画を通して係わってきた。オペラの世界を離れてから、総合的な企画やステージで多くの方に係わることが減っていたものの、久しぶりに様々な分野の方とご一緒しました。

番組を作るということは、こんなに複層的に準備されているものなのだ・・・と2ヶ月ほどにわたる打ち合わせの中でも感じました。様々な人の視点で同じテーマを掘り下げていくと、なるほど面白い表現が浮かぶものだ・・・と、新しい世界にとても刺激を受けていた日々でした。

人間に許された創るという行為、すでに作られた作品を演奏という行為で響きの空間を創る我々の仕事は、とても複雑な行為だと思う。創造のベクトルが一方向ではない。やればやるほど、この音楽空間のもつ深さには敬服し、そこに係われることに日々感謝。

 

 さて、あさっては横浜国大の本番です。土曜日の夜公演になります。明日は最後のリハーサル。本日このまえのホール録音が届きました。ちょっとノイズが多いので詳細はわからないのですが、学生のこれまでの積み重ねが十分に聞こえます。本番自分も楽しみたいと思います。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 本日16日にお手紙頂戴致しました。お忙しい中申し訳ありません。

コメントする

目次
閉じる