帰国


 9日の13時発のバスで空港へ。マルヤッタさんが見送りにきてくださいました。Kiitos!! 少し気温は低かったけど、さわやかな空気の中旅立ちです。


 ラハティの街ともしばらくお別れです。大きなショッピングセンターや新しいカフェが続々とできているようです。改装中のフロアーでそのまま営業もしている・・・。なんだかとても自然な流れを感じてよいです。


 空港までは途中Ma:ntsa:la:を経由しておよそ1時間半。車窓はほとんど同じような風景です。ヘルシンキまでの列車の新しい路線ができてからは、この高速道路と平行に列車が走る区間ができました。


 白樺はこの季節がとても美しい・・・・


 ゆったりとした道、通勤の時間帯には結構車もいるのですが、日中はぐっと少ない交通量。バスの乗客も、列車の新線ができてから減ったかもしれません。


 空港に近づくと岩盤が増えてきます。今の季節からこの黄色い花が咲き乱れます。


 空港でJuha Kotilainenさんと会いました。昨日電話が入り、相談したいことがある・・・・と。彼は世界で活躍するバスバリトンの歌手です。素晴らしい声と演技力です。私はサヴォンリンナの音楽祭でアシスタントをしたときに会っています。そして何より、これまでずいぶんお世話になっているトゥルクの海軍吹奏楽団の指揮者、Timo さんのお兄さん。とても楽しい人です。


 帰国の飛行機は中部国際空港へ。空いていました。おかげでゆったりと仕事の準備と休息がとれました。同行者たちも、無事に到着!お疲れ様。

*****************************

ほぼ定刻で到着、すぐに名古屋駅へ。そして新幹線で東京・・・日立フィルのリハーサルです。北爪道夫さんの「空」そしてマーラーの交響曲第6番でした。

当然ながら眠い目で実家に帰宅。しかし起きています。時差ぼけを直すのには、現地での生活ペースを貫くことが早い。

トム・ハンクス主演の映画を飛行機から連続してみています。本日もテレビで放映されました。「グリーンマイル」これは以前も見たのですが、深く悲しい大きな問題を持っています。飛行機ではまもなく日本でも封切られる政治の映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」とハンクスの若い頃の映画、「ビッグ」。名作「フォレスト・ガンプ」も何度も見ましたが、この人の出演作品はいずれも心に残ります。

さて、明日は横浜国大のホール練習。そろそろ休みましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる