ラハティに到着

8月4日、オウル空港からヘルシンキまで多くの共演アーチストとともに移動。ヘルシンキ空港からいつものようにバスでラハティに到着。さすがに部屋に入ると、この2週間のいろいろなものが噴き出したように動けなくなりました。お誘いを受けていたのをやむなくお断りして休息。


 ラハティの初日はゆっくりと始まりました。日中はマルヤッタ一家が訪ねてくださり、コーヒーとケーキでひと時を過ごしました。この写真はオウルンサロ音楽祭に来てくださったときの写真。


 原稿を現在抱えていますが、どうにも進まず・・・湖へ散歩に。こちらはシベリウスホールの前です。夜10時ころです。


 9月初めには、こちらで音楽祭がありますが、ホールの裏側の改築をしていました。通常演奏者の控室、または会議を行う部屋が並んでいるところ。どうやら広げていますね。


 ヴェシヤルヴィの周りは特に大きな変化はなし。いつもながらのゆったりとした時間が流れています。


 良いポイントをみつけて、しばし贅沢な空間と時間を過ごします。


 自然の神からの贈り物のような風景に、シベリウスの音がたくさん見えます。


 どうやら原稿もすすみそうです。


 Kiitos 

日々、Kiitosです。人間は小さく、そして哀しい・・・・だから描くのだと思います。さまざまな形へ・・音へ、文字へ、絵画へ

コメント

コメントする

目次
閉じる