嵐近づく

台風の被害が南から順番に伝わってきます。大雨から引き続き台風という九州沖縄地方の被害がこれ以上広がらないことを祈るばかりですが。

15日に演奏会を控えています。関東上陸という噂もあります。どうなることでしょう。これで大きな台風とコンサートがぶつかるのは3度目。なんとかコースを外れてほしいと願うばかり。


 先日フィンランドからデータが届きました。8月10日にヘルシンキでの演奏会があります。オウルンサロ音楽祭でここ3年共演している、「ラ・テンペスタ」という非常に魅力的な若い弦楽合奏団が10周年を迎えます。その記念コンサートを指揮することになりました。嬉しい機会です。会場はヘルシンキコンセルヴァトワールのコンサートホール。

シベリウス ラカスターヴァ  
ノルドグレン 左手のためのピアノ協奏曲 
シベリウス 弦楽四重奏「内なる声」(編曲 ペッカ・ヘラスヴオ) 
グリーグ ホルベアの時代より 

このプログラムです。オウルンサロ音楽祭での曲目とも重なりますが、ノルドグレンは私は初めてです。日本で2度、演奏に立ち会っています。非常に響きが面白い作品です。

本日はシベリウスの御遣いで英字新聞の取材を受けました。シベリウス協会の企画全般にわたる御紹介と説明を。9月の企画ではプログラムに欧文も盛り込む予定なので、ぜひこの新聞の読者の皆様にもお楽しみ頂けたらと願っています。


 取材の場所は・・・もちろん浅草。いつものカフェです。


 隅田川沿いのカフェ・ムルソーはお気に入りの場所です。春から秋にかけてはお勧めですね。


 浅草まででかけたらこちらに必ずお参りを。


 今日はとても観光客の人が多かった。海外からの人がたくさん。
修学旅行らしい学生も。さまざまな言葉が聞こえました。


 仲見世商店街の和風グッズは、最近日用品として愛用することが多いです。布製の肌触りが良いです。

さて、台風の行方が気になります。お客様の足元も気になります。そしてオーケストラメンバーが無事に集合できるか・・・・祈るばかりです。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 「これで大きな台風とコンサートがぶつかるのは3度目」
    それでシニア応援団のメンバーがいわく「嵐を呼ぶ指揮者!」
    でも今日は「嵐もはだしで逃げる指揮者」でした。おめでとうございます。

コメントする

目次
閉じる