記者会見終了


 19日は、日本シベリウス協会 没後50年「シベリウスの遺したもの」の記者会見を開催しました。

今回の企画で多くのお力添えをいただいている、上野学園大学様のご協力を得て開催できました。本当にありがとうございました。

この写真は実はカードです。裏面はこの総合企画が一覧になっています。協会の理事であり、ソリストであり、音楽博士であり、スーパーレディーの佐藤まどか女史の制作です。こういうことも、あっさりとやってしまうすぐれた人であります。私の100倍くらい頭の回転が速いと思われます。

本日の会見、司会進行を務めさせていただきましたが、協会の舘野会長はじめとして、各企画担当の皆様よりご説明をいただき、その後質疑応答という流れでした。

内容的にはアカデミックな部分が多い企画なのですが、演奏の面も多方面にわたっていると思います。お時間が許す限り、すべての企画に皆様のお越しをいただけますと、かなりシベリウスの全体像をつかんでいただけるのではと思っています。どうぞ宜しくお願いいたします。


 18日は大使館でレセプションでした。これまで数年大変にお世話になってきた、参事官広報官のカルヴィネン女史はじめとして多くのスタッフが帰国なさるということ。その、さよならパーティでした。大使館に行く途中、素敵な場所があります。東京であることを忘れる公園。


 都内には思えませんね・・・・・毎日ここに来たいものです。


 シベリウス協会はもちろん、アイノラ響も大変にお世話になりました。個人的にもサロンコンサートや他のコンサートでも大使館のサポートをいただく事が多くなりました。カルヴィネン女史、ランピ女史はじめ多くの素敵な女性のスタッフの皆様から私自身たくさんのことを教えられたと思っています。本当にありがとうございました。今度はフィンランドでお目にかかりましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる