Suomiより


 FMICフィンランド音楽情報センターからの郵便物が昨日届きました。。非常にありがたい御本であります。サイトでもこの著者Kimmo Korhonen氏の研究論文がたくさん掲載されているので、いつもお世話になっています。日本にも「日本の作曲20世紀」という音楽芸術別冊があって重宝しています。日本の作曲家にはたくさんの「グループ」があって、それぞれに発表の機会を持っていますが、本当は一覧がほしい!情報のまとめがほしい!痛切な願いです。北欧各国が持っている音楽情報センターのような組織がほしい・・・・しかしやはり人数が多いという問題があるのでしょうか。FMICは未出版のものであれば作品の紹介提供を随時してくださいます。おかげで新しい作品をリアルタイムで知ることができるわけです。需要があるとわかれば出版にもこぎつけるでしょう。窓口となるはじめの組織が日本にもできないかな・・・。

昨日は久々のフィンランド語レッスン。昨夏以来・・・・現地でも日本でも、はたまたハンガリーでもフィンランド人の皆様と接していたので使う機会はあったのですが、やはり「ちゃんと」使える言語となるためには継続した勉強をしなくては駄目です。語学は。まだまだ努力不足を認識。「なんとなく」ではダメなのだということは仕事の内容が変わってくると痛切に感じます。

レッスンのあと母校大学に参上。少しだけリハーサルを拝見。ほんの10分でありましたが・・・同級生の(大学は違いますが)指揮者が本年度からオーケストラを担当してくださいます。良い風を大学に送り込んでくださるようで期待しています!どうぞよろしく!

さて本日は原稿を仕上げて、夜はシベリウスの御遣いでミーティングです。毎日がシベリウス・・・・

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる