梅の季節へ


 明日は、こちら。
オーケストラ・エレティール第35回定期演奏会です。
14時から杉並公会堂です。
ぜひ多くの皆様にお越しいただけましたら(^^♪


 本日最後のリハーサル。
ソリストの宮川正雪さんも素敵な音色で我々に音楽の刺激と楽しさを下さいます。
明日のステージではもっと先生と一緒に楽しもう!!

ベートーヴェンの深さ、というのは短い作品であっても交響曲と同じように感じられます。
「へへえ・・」とかしこまるのではなく、この作曲家の骨格の太さと魂の大きさをこの短い序曲の演奏にこめられると良いですな。

そしてシベリウス。今年初のシベリウスであります。
この演奏会を皮切りに一体何曲
今年はシベリウスの作品を演奏するのでしょう・・・・・・・・・(^^♪

 世界中でたくさん演奏される交響曲でありますが、そのスタイルはわかれます。
私も日本での師匠、フィンランドでの師匠をはじめとして、多くの指揮者の演奏を拝聴しています。
つい先日も先輩指揮者の演奏会に足を運びました。
この有名な交響曲はとても曲者です。簡単ではありません。
じっくり付き合うほどに、その顔の複雑さに楽しくなります。
どう読み取るか・・・その姿勢で驚くほど演奏のスタイルが変わりますね。
明日はエレティール&ニッタのスタイルでお届けしたいと思います。


 先日区役所に行った帰りに迷子になりました(^_^;) 
調子にのって足を伸ばして歩き回っていたら、方向が不明に・・・
でもいろいろな景色に出会えて楽しかった。


 隅田川です。
川が蛇行していることを忘れていて方向を間違えました。
そのあと無事に都電の始発駅に到着したのですが、駅のすぐそばで「隅田川」というお菓子を売っている「千鳥屋」さんに寄りました。
店頭でお茶を一服サービスを受けました。迷子には有難かった。


 巷は喧々諤々が続き、なんとも「やり方がへただな・・」と思う事態になってしまっています。
事件も相変わらず多く、世界的な情報操作が報じられましたが、地球の危険もそろそろ本格的に叫ばれて(遅いな・・・)なんとなく落ち着かない日常です。
そんな折に、こんな「ぬくもり」に出会うと思いっきり肩の力が抜けますね。
誰の思いやりなんだろう・・・自然公園の近くに立っているブロンズ像でした。

来週、フィンランド放送響が来日します。全国で10箇所公演を持ちます。もちろんヨウコさんも来日です。

このオーケストラの本体、YLEという国営放送局から連絡が入って、急遽インタビューを受ける事になりました。
なかなかシビアな内容の質問も入っていて、タクトを持ったときとは異なる緊張感を味わっています。これは本国フィンランドに向けての放送となるそうです。

今年に入り、とにかくシベリウスとフィンランド関連で日々ばたばたと過ごしています。この作曲家を愛する同僚と情報や研究のやりとりをこれから進めていくことになるでしょう。大使館などから光栄な機会を頂く事もあり、身がひきしまります。
本当に引き締まって欲しいのですが、それは徐々に・・・((+_+))

さあ、明日は楽しい演奏会にしよう!

コメント

コメントする

目次
閉じる