Helmikuu(2月)


 早すぎる春・・・・
実家の庭に梅が咲きだしていました。


 水仙はいつもこの時期にたくさん並びます。
香りが良い・・・

自宅の部屋の整理の都合上、実家へ荷物をいくつか送りました。
その後始末もあって二日ほど実家へ。昔からの荷物を綺麗に保管してくれている両親には申し訳ないやら有難いやら・・


 こんな○○年前の友達とも再会。驚きました。
綺麗にお掃除して再び眠りについてもらいました。
どちらかというと、アウトドア派の私でしたが、こういう遊びもしていたな・・・・と、暫し感慨にふけります。
スキー・スケート・基地つくり・がけ登り・自転車の遠出・山歩き・野球・・・遊びの大半は全身をつかってのものでしたね。


 「ぶう」も、綺麗なお姉さんたちに囲まれてまんざらでもなさそう・・


 校章まで出てきました。


 実家で「ぶう」の子分もみつけて・・・


 今回はブルーベリージャムの作製に立ち会いました。
フィンランドでも皆さん作っていましたね。
これは冷凍のベリーから。

本当に春の訪れなのか・・・・と危惧するほど関東は暖かです。
報道でも「異常」という言い方がされていますが、ここへきて気象に関するデータの捏造があったという海外の報道も入ってきたり・・・
日本国内もいろいろな問題で喧々諤々・・・
しかしどうにも私自身は、それらが権力を握っている人、また握ろうとしている人のパフォーマンスにしか見えません。
力がなければ世の中動かせないのかもしれませんが、「力」という目に見えない怪しげなもののキャッチボールをしているだけで、ちっとも世界が建設的な解決に向かっていないことに悲しい思いを持ちます。

春がこの先一体何回体験できるのか・・・己の命だって限りがあります。
身の回りの形あるもの、命あるもの・・・すべて限りがあるのです。
無駄にせず生きたいものです。

議論は争いではない・・・前向きの議論ができないのなら、他の方法を考えて欲しい。人の話を聞く事もできない国会議員の皆様は、子供たちに対して「美しい国家」のお手本を示す事はムリでしょう。
国会中継・・・この人形たちと戯れていたころとまるで何も変わっていない、進歩していない・・・悲しい国家。

コメント

コメントする

目次
閉じる