Joulukuu(12月)


 演奏会情報を更新しました。来年の大きな企画も発表です。
こちらのページをご覧下さい。

http://www.yuri-muusikko.com/menu2/2007/20071222.htm

1年後の今頃は、この企画に向けてちょうど忙しくなる頃でしょう。今から楽しみです。
今年の2月終わりに頂いた企画の第二弾です。会場も規模が大きくなります。多くの人が参加する企画となります。私も更に勉強の1年となります。

シベリウス没後50年の2007年にはシベリウス協会でも複数の企画を予定しています。そちらは後日まとめて発表いたします。お楽しみに!
そして同じ北欧の大作曲家、グリーグも没後100年を迎えます。私自身もグリーグを取り上げるチャンスが増えます。

さて視線を現在に戻して・・・・日曜日に本番を迎える国立音大のシンフォニックウィンドのリハーサルが始まっています。休日をはさむなどリハーサルの条件は良いとは言えませんが、どんなときにも演奏会までに全力で演奏を仕上げていくのがプロの務め。音大生はそのプロの予備軍です。目の前の作品と一丸となって格闘していきましょう。仲良く・・・

できるだけ作品と友達になるのが良いと私は考えます。初めから喧嘩を売っているように取り組む人も見かけますが、それではお客様が悲しい・・・。人付き合いと同じように、相手の素敵な部分をたくさん見つけていくこと、味わう事・・・そんな楽しみがリハーサルにはあります。気難しい顔の作品でも、じっくり付き合ううちに思わぬ別の顔が見えたり・・。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 来年の12月22日のシベリウス「クレルヴォ」が楽しみです!!
    シニア応援団の皆様方、とにかく、それまで生きていなくっちゃ!!!

  • >junsinさん
    そんな・・・まだまだこれからたくさんプロジェクト展開です!
    100歳までは約束してください!!(^_^)v

コメントする

目次
閉じる