ラハティ響来日公演はじまる


 昨日はすみだトリフォニーホールで、みっちりとリハーサルがありました。
1999年の初来日ではこのホールで交響曲全曲演奏会があり、2003年の2度目の折にはクッレルヴォの演奏会があり、そして今年はシベリウス以外の作品を取り上げたプログラム。
非常に深いつながりをこのホールとラハティ響は持っています。
今年はこれまでと少し違うサウンドが聴ける事でしょう。


来日公演メンバーにはエキストラが入っています。
ラハティの学校で研修時から何かとお世話になっていた、チューバ奏者のJuhaさん。エキストラで参加です。

驚きの再会がありました。夏の音楽祭でコンサートマスター代理を急遽引き受けてくださったHarriさんも今回参加。「また、エキストラだよ~」と大笑いしていました。嬉しい再会です。


 
リハーサルの合間にクラリネットをさらうオスモさん。
もともとの専門はこの楽器です。ヘルシンキフィルのメンバーでした。


 ファゴット首席Harriさんが楽器の修理の必要があったので、ご案内。
あと2人の同僚も同行。
リハーサルを見学していた「お弟子様」とともにみんなでリハーサルの後は珍道中。
今回修理でお世話になったのは、ダブルリード専門店。
丁寧に早く直していただけてメンバー大感激していました。
本当にありがとうございました。
今週は外来オケのラッシュということで、たくさんの外国の方がお店を訪ねているというお話でした。

フィンランドよりはずっと暖かなこの気候。動きやすくて気持ちが良いと多くのメンバーが語っていました。
元気でツアー2週間を乗り切って欲しいものです。

本日すみだトリフォニーホール、19時開演です。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • こんばんは。エレティールではお世話になっております。夫が明日の武蔵野文化を、私は10日の東京文化を聴きに行きます。次の演奏会に向けてイメージの仕込みです。2番がプログラムに入っていて幸運でとても楽しみにしています。

コメントする

目次
閉じる