チェルノブイリの事故から20年・・・福知山線脱線事故からまもなく1年・・・
どちらも信じたくないという想いの事故で、そして後遺症も含めて多くの問題を後世に残している事故。
そしてどちらも人災。

まだまだ人間はたくさん失敗しながら生き続けるのだと思う。
なるべくなら同じ間違えだけは繰り返したくない・・・・

地球上の今は一触即発の状態。
それは国家が抱える問題もそうだけど、地球そのものが抱える問題-天変地異・自然災害-

特にここにきてまた頻発している日本の地震は気をつけないと・・・と思う。
気をつけていても起こるものは起こるのであって・・・
そのときにどうするか~という意識改革を世の中の多方面ではじめている。
テレビドラマしかり、報道ももちろん、地域間の連携ということも以前よりも活発に言われている。
そして実際なんとなく・・・なんとなくなのだが、人が人を求め始めていると感じる光景が普通に街中に増えているように感じる。
下町に住んでいるから余計にそうなのかな・・
乗り物の中で掛け合う言葉や、運転手と乗客の心温まる会話などなど・・
最近頻繁に出会って本当に「ほっ」とすることが多い。
もちろんまったく逆の光景もあるのだけど、そんな嫌な気分を吹き飛ばす暖かさを表に出す人がちょっと前よりも増えているように感じるのです。
「助けあい」「支えあい」なんていう昭和に並んでいた言葉を思い出してきたのかな・・。

話変わって・・ショスタコヴィッチはやはり凄い。
背中にいろいろなものをしょって作曲をしていたことに対してはいろいろな意見や見方があると思います。
私は音、音楽そのものの部分でとにかく彼の鋭い感性・耳に狂喜します。
彼の作品の鋭い美しさや本質を描くためには演奏者も簡単ではない・・・。
夏のフィンランドでも演奏することになりそうです。ショスタコヴィッチ。楽しみです。


少々疲れが溜まっているな・・と感じるこのごろ。
明日からの一歩に良い休息をとりましょう。
そんなときにはお気に入りのこちらを・・・上原ひろみの「BRAIN」です。そしてピアノに向かう。
片っ端に弾くのです。お気に入りの作品や初見の楽譜を・・・
そうして細胞がどんどん呼吸をはじめて心も動き始めます。

また柔らかな暖かな一週間が始まりますように。そして次の音楽に向かって厳しく歩みを進めます。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • お、ユリさんも「上原ひろみ」聴いているんですか。
    ぼくもたまたまテレビでライブを見て、
    「この子はすごい!」と、一気にはまりました。
    i-podに入れて、いろんなところで聴いてますよ。

  • >ichiroさん
    はい、聴きます。といってもCDはこれだけなのですが、きっとまた探しに行くことでしょう。

コメントする

目次
閉じる