Onnellista Uutta Vuotta

あけましておめでとうございます。

(フィンランドはこの時点ではまだ大晦日なのです(^^ゞ)

ラハティに戻ってきました。31日の13時まで録音。無事に予定曲を終了できてほっとしています。27日から5日間かけたので、ソリスト、オーケストラともに体力・気力を振り絞って・・・という感じでした。でも魅力的な作品をみんなで取り組めたこのセッションは充実していました。あらためて関係者の皆様にお礼申し上げます。

録音はクオピオのミュージックセンター大ホールで行いました。大編成のものから、最後は弦楽オケの編成で。


録音の詳細はリリースが近くなった際にご報告させていただきます。先日の演奏会の長生淳作品は2曲とも録音しました。ディレクターも非常に喜んだセッションとなりました。ちなみにレコーディングディレクターとエンジニアはフィンランド側です。

ソリストのヨウコさんとディレクターのラウラさんです。大柄で美しくそして厳しいディレクターです。とても気持ちよく仕事ができました。Kiitos!

日本で経験してきたレコーディングシステムとは違うテンポ、違うやり方に初めは戸惑いもありましたが、最後には笑顔で皆さんと握手をかわして終わることができて嬉しいです。長生作品が非常にテンポよくレコーディングできたので、これにはヨウコさんも大いにほっとしていました。

 
 エンジニアのマッティさんとヨウコさんと私です。

ということで、新年を迎えます。実は日本人留学生がこの部屋に集合しています。皆さん駅まで迎えに来てくださったのです。もう涙が出るくらい感謝感激で・・・・・・2001年を迎えたときは、独りでミレニアムの花火の音をきいていました。また今日の様子はご報告します。

皆様どうぞ良いスタートを迎えられますように。

コメント

コメント一覧 (15件)

コメントする

目次
閉じる