10月桜








こんな名前の桜があることを知った。

母と久しぶりに青葉の森公園を散策。この10月桜は4月にも咲くそうです。1年に二度も咲く・・・これはパワーのいること!気のせいか、この時期の花は少しはかなく力が弱く感じる。冬の前に今一度楽しませてくれる健気な感じ・・・。

公園はすっかり秋から冬支度。銀杏はまだ緑で紅葉には早いようですが、もう夕刻の光は冬。

夕日を見つめる公園のモニュメントも、どこか視線が遠く感じた・・。

アメリカの新しい方向が決まった。世界が注目している。アメリカ自身の変革、そして世界への影響と世界がアメリカの変化をどう捉えるか・・・・21世紀の大きな一歩。明らかに世界の地図は大きく変化している。

日本はどうにも迷走している。実(じつ)がない・・・そんな印象。印象ではいけない。自分の国だ。1億2千万の国民が現在このような状況になっていることを、世界的な金融危機のせいだけにはできない。もっと根の深い日本自身のこの数十年の問題がある。

自分の関わる世界も目に見えて厳しい状況になっている。すでにある「ハード」の部分、ホール、楽団、音大・・・いずれも未来への生き延びる道を模索している。大きな変革の時が来ていると思う。

たとえ歩みが小さくなっても、良質のものを作り続けたい。残していきたい素晴らしいものへの視線は鈍らせたくない。明日への歩みの気持ちを止めてしまうのは、「もうだめだ」という諦めの気持ち。一歩が小さくても良い、人生最後まで自分の意思で歩き続けたい。前進!

Eteenpa:in!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 十月桜は八重ですが、一重の「冬桜」という品種もあります。花見客がいない分、静かに咲いている姿は気品を感じます。

コメントする

目次
閉じる