Marraskuu 11月 


 帰京は31日でした。冷たい空気の旭川空港から一路羽田へ。良いお天気でした。広々とした北海道の空間に後ろ髪を引かれながら・・・。


 札幌からひそかに実家に送った海産物が届いていました。大きなホタテ、そしてホッキ貝。美味でありました。


 ホタテは生きているものが届いたようなので、こちらのように頂いてみました。

北海道ではほとんど海産物がメインの食事を頂いていました。宿の朝食も北海道の素材をいかしたものばかり。最近は気候の変化で、北海道の作物もいろいろな影響を受けているようです。お米が美味しくなっているのは、よいほうの変化ですね。

食はとても厳しい世界です。大事につないでいかないと取り返しがつかなくなる・・・・と、北の大地を旅しながら思っていました。

 大阪帰りの二人。なぜかたこ焼きを持っております。よろしく!


 実家に乱入!!旭山動物園から脱走か・・・・


 こちらも旭山動物園組。


 そして演奏家の時に特別に記念に頂いたこちら、「エネモ」ちゃんです。ストレス解消になる素材です。いくらつぶされて握られても笑顔のエネモちゃんです。

さて、本日から新しい仕事が始まります。12月本番の宇都宮大学管弦楽団の皆さんとの初リハーサル。曲は久しぶりのチャイコフスキーです。この第6番の交響曲はおそらく10年ぶりくらいかと・・・・。ずっとなぜかご縁がなかった作品です。久しぶりに楽譜に向き合うと、また面白い発見もあり、そして音符の流れが以前より雄弁に見えます。この辺が繰り返し演奏することの楽しみであります。

昨日は実家に戻り次第かかりつけの鍼灸院へ。前回治療していただいたときに非常に効果が出て、このツアーも乗り切れました。また次の仕事への準備開始です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる