仙台から戻る


 あっという間に演奏会が近づいてきました。この週末は仙台ニューフィルの2度目のリハーサル。リハーサル会場は仙台港に近いところ。赤い床が印象的な「アクセルホール」

ずいぶん涼しくなっていました。気持のよい季節に入っています。熱心な市民オーケストラ、普段丁寧なリハーサルが積まれているのが行くたびにわかります。

音符は多くないのですが、「アンタール」の方が難しそうです。ソリスティックな部分がとても多く、音が薄い中に非常に繊細で美しい音楽が書き込まれています。デリケートな作品です。「シエラザード」ほどドラマティックではなく、オーケストレーションもおとなしいのですが、主人公の心の描写が何ともはかなく美しいのです。

チャイコフスキーの交響曲第1番は私は3回目です。ちょうど10年置きに手がけています。自分の中でもその10年の間でこれほど楽譜の見方が違うか・・・と驚く部分があります。

仙台でなんと「ぶぅ」の家族が増えました。

 どうも「趣味」が浸透してきているようで・・・・(苦笑)

 <(_ _)>嬉しい悲鳴であります!


 このとても小さなまんまるの「ぶぅ」は


 このおいしいクッキーと一緒にいただきました。
 クッキーはコンサートミストレスさんの手作りです!
 本当においしかったですよ。ありがとうございました。


 この「籠」に乗っかった、のどかな雰囲気の鈴を耳につけた
 「ぶぅ」(一部牛に見えるという説もある・・・)は
 リハーサル二日目に楽屋のお茶菓子のそばにいました!


 お茶菓子の中に、これが。私は初めてみました。面白いです。
 山形県の形をしていて、地名も入っていて、その形が顔なのですね。なんだか食べてはいけないような感じでまだこのままであります!ありがとうございました!!


 今回同行の「ボールクマ」と一緒に記念撮影です。

こんなことやっていますが・・・・・

仕事も・・・・・やっていますので(^_^;)

さて、帰路は大変でありました。皆様ご存知のように本日は東北・上越方面の新幹線は大混乱でした。リハーサルが終わり仙台駅に行くまで全く知らなかったのですが、駅がなぜか大混雑・・・・・

3階に上がると「上野~大宮間の信号トラブルのため運休・遅延」

えええええ・・・・・・・・・・・・

しかしのんきな私は、遅延であれば遅れてでもいつかは乗れるはず、と決め込んでのんびりお茶など飲みに駅となりのホテルへ。少し駅がすいてから様子を見に行こうという腹積もりで、そのお腹にちょっと上品な味のカレーを入れたのでした。

1時間ほど休んで駅に行くと、相変わらずの人の列。皆さん窓口に並んでいる。「これはまずい」

駅員さんを取り囲んで、自分の予約列車が運休か運行かを確認する人の塊がいくつか・・・・。その中の一つに入って確認。

「Mやまびこ●●●号は・・?」「あ、それは運行します!」「ではいずれは来ますね」「は、はい、いずれは」

私の対応はのどかなものでしたが、大変な方もたくさんいました。せっかく確保した指定席があとから列車の都合がつかずに「運休になってしまいました!」と泣きそうに説明する駅員の方々・・・・。並んで確保した切符が無駄になり怒る乗客。無理もないです。同じ立場であれば、そうそうのどかな会話はしていられない。

乗り物や移動では、どちらかというと「ついていること」が少ない私。自分でも「どんくさい」こともよくやって、あまりツアコンには向いていないと思われる私。今日ばかりは天に感謝でありました。本当にラッキーだったのです。

もともとの仙台発予定時刻から10分ほどの遅れだけで出発できました。車両の都合をどのようにつけているかは私はわかりませんが、どれを運休、どれを運行という非常に大変な判断をJRの皆さんは難しい運行計画表の中でやっていたのでしょうね。時刻表を作成する人を尊敬している私であります。自分には不可能であります。

とにかく順調に動き、大宮まで。そこでどうやら立ち往生の様子。問題の区間です。これは早期解決を求めたいところ。多くの新幹線と在来線を抱える区間、上野~大宮。そこが本日トラブルを起こしたわけで、もう止まってしまったらどうにもならない区間なのですね。いつも。

本日は都内の自宅に帰宅なので、大宮で降りてしまい在来線に乗り換えました。おかげで奇跡的にそう遅くならずに帰宅。

夜は都内の他の線でも事故などで止まっていた様子、重なる時は重なります。

9月もまもなくおしまい。すっかり涼しい空気になってきて嬉しいです。さあ10月のステージの譜読みをがんばりませう!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 10/18は多分広島にいるのでお伺いできませんが、良いコンサートになるよう祈っております。随分大所帯になりましたね(^^;

  • >みなみさん
    広島のプログラムも魅力的ですね。よいシリーズとなっているようで羨ましいです。
    「ぶぅ」一家はかなり大所帯となってまいりました<(_ _)>

コメントする

目次
閉じる