杜の都のリハーサル


 来週の本番に向けて、リハーサルが佳境に入ります。
平日のリハーサルは難しいですね。時間が不足だ。
エンジンがかかってくると「おしまい」の時間を迎えます。
皆さんお仕事抱えているのでスタートの時間も早くはできない。
市民オーケストラが抱える悩みの一つですね。
でも限られた条件で工夫をして全員で楽しみながら作り上げていくのがアマチュアオケの醍醐味だと思うので、あと10日頑張りましょう。



 

なにやら仙台駅で人だかり。
報道陣もちらほら・・・駅員も集合している。
誰かがいらっしゃるのかなと様子を見ていると、どうやらバリアフリーをサポートするボランティアが発足した様子。
駅で取材する姿も見かけました。
助け合うというのは生きるための必要条件ですね。
一人で生きられる人はどこにもいないから。
一人でなんでもやっていると豪語する人は、もう少し周りをよく見て欲しい。
人間ではないけど、何かが自分を助けています。


 
旅の楽しみはやはりお土産でしょう・・・
なぜか沖縄の黒糖を使用したという「黒糖まんじゅう」美味です。
感触が素晴らしい!

9月中旬からの怒涛の日々が少し落ち着いて次のことに向かう時期に入っています。
今年度の後半戦。企画の打ちあわせや、オーケストラとのミーティング、企画書作成などなど楽譜以外の作業も一気に増えてきました。
正直のところ脳みそは日々衰えを感じています。
それでもまだ命を頂いている以上、辛抱強くこれを燃やし続けます。

生命に関する事件や事故や話題が非常に多いこのごろ・・・・
あまりに粗末に扱っていますね、自分のことも他人の事も。
「そんなにあなたはえらいんかい!」と思いたいようなニュースもたくさん。
人様の命にちょっかい出す前に、やることあるっしょ(ー_ー)!!

「チーム安倍」・・・・・・
なにやら格好よく見えますが少なくとも10年先の見通しを持って動いてほしい。
教育は何より大事なこと。学校教育だけではなく、社会も家庭もすべて。
大人から子供へだけでもなく、子供が大人に教えている事も多々。
ちなみに私は教育界に市場競争原理を持ち込むのは反対です。
そんなシステム作って済むような簡単なことではないと思っています。
問題の根っこは深い。
もっと他の方法で現在の教育現場の荒廃を直す事は可能です。

自治体のホール運営も「指定管理者制度」の導入、あるいはこれまでのような自治体直営かという選択の時期を過ぎて
今後どうなっていくのか問題がはっきりしてくるよう。
地方のホールによっては、確実に利益を上げていないとどんどん予算が減らされて・・・
という現実のために公演のチケット代を高額にせざるをえなかったりという実態もあるようです。
興行を打てないということもあるかもしれない。

短期の事業計画では豊かな文化が育たないということは、これまでの経験で十分にわかっているものと思うのですが(^_^;)
官から民へといううたい文句の中で、
いろいろな方面が苦労して悩んでいる日本。

世界も、どでかい問題を抱えてしまってにっちもさっちもいきません。
人間の欲というものは果てしなく深くてどうしようもありませんね。
やっぱり一度地球がぶっ壊れてしまわないと人間は改心しないかな・・・・・・・・・・・・・・・

という空気のもとでそういう行動に出る人が多いのもまた困った現象。
目の前にある自分を取り囲む環境の中でのストレスだけではなくて、
地球全体が抱えているストレスまでもが,この情報社会では一人一人の個人に大きな影響を及ぼしていると思うのです。
対岸の火事ではなく、すべてが自分の身の回りの事と同等になってしまっている近代社会。
恐ろしい時代になっているものです。

そんなネガティブな見方をぶっちぎり、人生でっかく明るく楽しく明日を楽しみに待つ日々を送りたいと思います。
国営放送局の朝ドラはそんな前向きのエネルギーへの大きな笑いを振りまいています。好きや・・あのドラマ。

ドラマといえば、始まってしまいました「のだめ・・」
同門同僚の方が千秋君の指揮指導をしているということを
サイトで発見してしまいました!!
なかなかここまで明るくコミカルに描いてくださると、
かえってすきまから現実が見えてきたりします。
上手い手法だなと思いました。人気絶頂のようですね。
リアル千秋というような指揮者もちらほら全国にいらっしゃるとか・・・
今後はみんな千秋風になっていくのでしょうか(笑)
私はマイペースのぶう指揮者ですが。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 今、午前一時半です。やっと帰宅、重残業状態です・・・。まあ、収入の為、やるっきゃないわけですが・・・。こうなると、休日には爆発したくなるわけです。仙台行き、手配はじめました。最大の期待は、ニャンコのロメジュリです!!。たのんまっせー、新田親分。

コメントする

目次
閉じる