ヨウコ再び


 一ヵ月後の演奏会のお知らせです。
ヨウコ・ハルヤンネ氏のリサイタルです。
来月フィンランド放送響が来日公演を行うことはご存知の方も多いと思います。
そのオーケストラの首席ソロトランペット奏者を努めるヨウコさんももちろん来日。
オーケストラの公演の合間にこのリサイタルを行うことになりました。

ピアノは2004年の国立音大でのマスタークラスミニコンサートにおいて伴奏を務めてくださった、丹生谷佳恵さんです。

2007年2月15日(木)
王子ホール(銀座)19時開演

プログラムは 
Pilss Sonata for Trumpet and Piano
Ibert Impromptu
Joseph Turrin Caprice
Bozza Frigariana
Barat Orientale です。 

チケットは一般4000円 学生2500円 
問い合わせは ミュージック・ベル080-3091-7004です。
ぜひ多くの皆様にヨウコさんの素晴らしい音色をお聴きいただきたいと思います。

フィンランド放送響といえば今週NHK-FMのクラシックオブザイヤーの番組でシベリウス特集が組まれており、サカリ・オラモ指揮のフィンランド放送響の演奏が流れていますね。

ヨウコさんとのCDもお蔭様で徐々に皆様に知られるところとなっているようです。
海外への輸出はされていないのですが、先日ヨウコさんからこのCDのレビューが掲載されている情報を頂きました。
こちらです。

Trumpet virtuoso Jouko Harjanne has released an outstanding recording of contemporary music for trumpet. As on his previous recordings Harjanne produces a beautiful tone with seemingly effortless control throughout the entire range of the instrument. Of the work on this disc , only the Riisager Concertino was previously familiar to this reviewer. The Concerto No.11 by Danish composer Vagn Holmboe is contemporary without being harshly dissonant, and the influence of Bartok can be heard throughout the three movements. The two works by Japanese composer Jun Nagao are the newest selections on the disc, and they prove to be the most exciting. Premiered by Harjanne on November 15, 2005, Nagao’s Fertile Tears, a twelve-minute single movement work.Symbiosis, also composed in one movement, is just over twenty-four minutes in lenght. Both of these pieces begin with atonal introductions followed by passages of lush harmonies and beautiful melodies. With this release, Harjanne has proven himself once again to be one of the world’s finest musicians. The orchestra, led by conductor Yuri Nitta, is excellent. The recording quality of the disc is first-rate, but the extensive program notes , since they are written in Japanese, will be of no use to a non-Japanese audience.
Reviewer:
( Douglas Lockard, associate professor of trumpet, East Texas Baptist University, Marshall, Texas, USA)

嬉しい評を頂きました。ヨウコさんの活動は地味であるかもしれませんが確かなものがあります。実演に接すると圧倒的な美しさと強さと技があります。ぜひこのリサイタルにも皆様お越し下さい!!

コメント

コメントする

目次
閉じる