Meet the Norway and the Finland

2010 3/05

from Norway.jpg
嘘のように暖かかった日中、北の国から来日中のノルウェー人音楽家のお二人とお会いしました。
真ん中は、以前リエクサの音楽祭で共演したØystein Baadsvik さん。
世界的なテューバ奏者です。幅広い活動をなさっていますね。驚異的な技と音楽です。

そしてお隣は指揮者のBjørn Sagstadさん。
クリスチャンサン響に客演した時にお会いしています。

お二人ともとても温かなお人柄です。余裕があります。
未来の活動へのお話も出ました。実現すると良いな。
お二人のノルウェー語は耳に気持ち良く響きます。独特の籠った響き、内容は不明ですが、将来的にはこちらの言語も勉強したい。

ノルウェーミーティングの後は、シベリウス協会のミーティング。
頭の中をフィンランドに切り替えます。
少しずつ動き始めています。がんばりましょう!

夜には少し寒くなってきましたね。
今日は素晴らしい皆さんとミーティングですが、一つだけ望ましくない出会いもありました。

どうやら
風邪を巷でひろったみたいです。
気合いで直します。

コメント

コメント一覧 (4件)

  • アバター たかひろ より:

    ユリ先生、風邪の具合はいかがですか?
    気合と栄養・休養ですね!!
    早く良くなりますように(^-^)/

  • アバター yuri より:

    >たかひろ君
    コメントどうもありがとう!
    おかげさまで、元気になりました。どうもありがとう!!
    たかひろ君も3学期もう少し、がんばってくださいね。

  • こんにちは。
    *コメントを”たかひろ”で、出してしまいましたが
    キー操作ミスで”ママ”が抜けてしまいました。***
    ところで、今年初めに読売新聞に「オケを聴こう!」の見出しで
    クラッシック音楽の記事がありました。
     それで日本のプロオケ24として、北は札幌交響楽団から南は九州交響楽団までの存在を知りました。各楽団の努力も大変なものなのですね。芸術家のサポートを国が率先してくれたら、演奏家の苦労も減り負担が無くなるのに・・・。主人が国内の演奏家の方の苦労を加えて教えてくれました。でも、皆さんの演奏を楽しみにしているファンの為にも、頑張って下い(^-^)
     今までクラッシックに触れる機会がなかったのですが、機会があれば わざわざ足を運ぶ事になっても、聴いてみたいと思っています。
    普段忙しい我が家ですが、4月のユリ先生のコンサート「アイノラ交響楽団」を、楽しみにしています。その日を楽しみに、日々頑張ります(^u^)

  • アバター yuri より:

    >たかひろママさん
    コメントありがとうございます。もしや・・・と思ったのですが(^^ゞ
    あらためて、ありがとうございます。
    楽団の活動存続に対しては様々な意見が世間に飛び交っています。
    海外にも日本にもたくさんある素晴らしい作品を、できるだけ多くの人にお楽しみいただきたい・・そんな気持ちで日々活動しています。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。
    アイノラ響、お待ちします。ありがとうございます!

コメントする

目次
閉じる