大気が動く・・・・

フィンランド語で大気・空気・天気などをilmaといいます。天候や気候はilmasto 
天気予報のTVでは<天気>としてsääと出ます。

この三日間、とにかく変な空気が動いています。風が強い、雲がドラマチック、
空気は澱むより動く方が皆さん好きだと思いますが、
生来止まっていることが苦手な私は動く風は好きです
しかし、落ち着かない。このごろの大気。

あすは都内某オーケストラのリハーサルで勉強させていただきます。
そのあと大阪に向かう途中下車して、また別のオーケストラの非常に興味深いプログラムで勉強です。

今日はフランスから突然電話が入ったり(ありがとうございました!)
古いスーツが着られるようになったり(やった~)
事務処理がはかどったり(本の落下から少し賢くなった気がしている・・・・気のせい)

夏から秋に向けての仕事の準備の段取り(いわゆる計画表)を改めて作ってみて
早速お尻に火がついたかもしれない自分です。

近い未来と遠い未来を同時に考えていないと、自分の果たす役割は一生やり遂げられない
ちっぽけなこの身がなんの役に立つか・・・

動けるうちに動こう。

まだ風が強いな・・・・
日本も世界の強風にさらされていますね。

日本ができること、なんだろうね。
中枢にいる人と、我々国民の間に何とも言えない不思議なズレが見えます。
こんなことしていたら、あっという間に世界の信用を落とすのに・・と思っていた国民は多いと思う。
それでもそんな国になることを止められなかった・・・。
だから新しい風の方に向く?流行りもの追いかけるような国政はやめないと同じ過ちの繰り返しだ。
冷静に・・・冷静に・・・・
難破船になるか沈没するか、幽霊船として漂流するか・・・・はたまた潜水艦と化してこの先生きるのか。
新たな帆を張って、地球を走り回るのか・・・・。

音楽家はある意味時代の空気の振動を敏感に感じています。
作曲家はそんな波動を見逃しません。演奏家も同じです。夢幻の世界に生きているだけではない。
そうですね~さまざまな世界を自在に行き来している存在ではあります。
300年くらいあっという間にワープします。

ジャーニーマンのように、何か役に立てる能力だったらよいのですが・・・
FOXみています・・・・・(^_^;)

 

コメント

コメントする

目次
閉じる