Oulunsalo soi 2006  オウルンサロ音楽祭2006年

<オウルンサロ音楽祭2005>
 7月30日良く晴れた日にオウルウ空港に到着。夕方からウェルカムパーティがありました。出演者、お客様が集 まって和やかな静かな時を過ごしました。
 会場となった、Oulunsalotalo オウルンサロホールです。白とグリーンを基調としたシンプルな美しさのホールです。地元の音楽学校に併設。体育館がホールとなるのですが、音響を調節する機能もあり、音はとても良いです。ホールのサイトはこちらです
http://kuovi.oulunsalo.fi/oulunsalotalo/aloitus.htm

 7月31日はLiminganlahden Luontokeskusにて22時からLa Tempesta のバロックアンサンブルのコンサートがありました。ホールのサイトはこちらです。

http://www.merikoski.fi/meakk/palvelut/l_kokous_ja_ravintola/c_villilintu/luontokeskus.html

  文字通り自然、野鳥の研究の施設でもあり、ホールの中に鳥の剥製や記録などが並んでいます。白夜の続く中、窓越しの夕焼けが美しく、音楽に色を添えていました。

 会場でのリハーサル風景です。体育館なのですが反響板も壁に用意されていて音は良いです。演奏会後はメンバーの写真撮影がありました。
 演奏会後、ホールの図書室をお借りして簡単なレセプションを行いました。その後メンバーの滞在する学校に行 き2次会
 音楽祭最終日にメンバー一同会してのレセプションがホテルのレストランでありました。音楽祭の音楽監督の舘野泉氏ご夫妻、そして事務局の皆様、スポンサーの皆様お世話になりました。

 自分のコンサートのあとは、他の出演者の演奏会に通う日々でした。

音楽祭出演の皆様です。
EUSIAクワルテットのメンバー
ピアニストの水月恵美子さんとフィンランドのピアニストのLiisa Pohjolaさん
ギター奏者のPetri Kumela
合唱指揮者のJani Siven

 滞在最後の夜に、アンサンブルのメンバーでオウルンサロの音楽学校で教師をしているSinikka さんのお宅にお邪魔。サウナも頂きました。コンサートマスターのヤンネとヴァイオリンのオッリと。
 8月7日に帰国の途につきました。概ね天候が良好だったこの滞在。少し陽に焼けたようです。そして自転車を乗り回したのでちょっとたくましくなったかもしれません。
 2006年もこの音楽祭への出演が決まりました。今ヤンネと来年のプログラムを相談しています。メンバーの顔とお客様の顔、そしてあの地の自然を思い出しながらプログラムを考えます。もし夏の休暇をフィンランドで・・・とお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ来年オウルンサロにもいらしてください。Terve!
目次
閉じる