リハーサルのない土曜日には

ミーティング・・・
買い物・・・・
片付け・・・
勉強・・・・

肌寒い週末です。珍しく土曜日にリハーサルがありません。
奇跡のような週末。明日は盛岡往復です。子供たちとのリハーサルが待っています。

ミーティングの後、これまた久しぶりに新宿のタワーレコードに行きました。
相変わらず様々な音資料がリリースされています。
DVDの割合も増えましたね。デモ映像も以前よりも増えたような気がします。
音が混濁するのがあまり好きではないので、いろいろなデモ演奏が流れているフロアーには長居はしません。
足早に目的のものをゲットして退散。

フィギュアスケート女子、なかなかシビアな結果です。
その時に力が出せるか出せないか・・・明確にわかるのがスポーツ。
私は選手に音感があるかないか、気になります。
高得点を本日叩き出したキム・ヨナ選手は音感が良いと感じます。
明日が楽しみです。

フィンランドの選手が頑張ってます!
ローラ、と紹介されていますが、Laura Lepistöなので、ラウラでよいと思うのですが・・・・
キム・ヨナ選手の高得点の後で、非常に冷静に滑っていたのが印象的でした。
SISUの魂を感じるような、フィンランド人らしいな・・・・と思ってしまった私です。

NHK総合テレビのドキュメンタリーも見ました。
人間の計り知れない力、生命の力をまざまざと感じました。
愛情を持ってあきらめずに命にぶつかることの大切さ、偉大さを改めて感じます。
決して忘れてはいけないこと・・・・

日常の様々な場面で、仕事場で、その心を大事に持ち続けたい。
自分が弱い心では駄目ですね。

新年度を前にして、少し魂が元気になってきたかな・・・
考えてみると、2007年後半からずっと、手がけてきた大きな作品はすべて深く悲しく重い曲でした。
自分がそれを求めていたこともあります。とても自然な流れでした。
その流れが一段落して、ある種の通り抜けてきたという感覚があります。

来週は4月を迎えますね。
桜は少し「一時停止」状態なので、入学式にちょうど良いタイミングかもしれませんね。

さて、明日は子供たちはどんな音で待っているかな?

コメント

コメントする

目次
閉じる