楽屋で同窓会!

okurimono.JPG22日の演奏会には、高校の同級生もお二人いらしてくださいました。
一人は3年間同じクラス、一人は2年間。お互いに「全然変わってない!」と思っているのですが、客観的に見てどうなのかなぁ・・・

演奏会の記念にいただきました。
アフタヌーンティーは私も大好きで時々立ち寄ります!

高校時代の私のあだ名は
「ぶーじょ」
なぜ、今「ぶたさん」にこだわるか・・・・・お分かりいただけたかと

いつも暖かなメッセージを送ってくださって励まされます!本当にありがとう!!

この日は、中学の同級生もご来場。
演奏会には度々いらしてくださいます。ドイツ文学専門でワーグナー研究家の山崎太郎氏です。
新国立歌劇場のプログラムに最近登場なさっていました。
先日は放送の解説者としてもFMに出演なさっていましたね。
ワーグナーといえば・・・・の顔になりつつあります。
山崎さん、とともに同級生数人で休み時間に廊下などでクラシック談義をしていたのが思い出です。
やはり少数派ではあったので・・・・そしてクラスが違う仲間もいたので廊下・・・・になります。

そして昨日ご紹介の大学の同級生、
彼女は声楽科出身。今ではピアノの指導もなさっています。なかなかバイタリティのある人で、
組織をまとめたり、長になったりという才能があります!
大学時代は、芸術祭実行委員会という組織で一緒に活動していました。彼女は財務担当。
私はお金を使う演奏部担当。厳しい財務部長でありました~~!
彼女は当時「キーコ」といいました。大学時代は私は「ユリちゃん」という呼び名に昇格??していました!
学生時代が最も細身だったことは確かです。

母も演奏会の時には同窓会となります。
母の関係者が最近ご来場くださいます。本当にありがとうございます。

okurimono2.JPG

コンサート会場に集うということ、いろいろな世界が集まるわけですね。
その皆さんが作曲者の描いた世界を聴き、またそこから何かを共有して客席に世界が生まれ・・・
そんな贅沢な時間を共有している我々は幸せです。
ちゃんと作曲家と対話しなくては・・・・・・皆さんの大切な時間なのです。

本日はお弟子様のコンサート。
随分頑張っているようです。4月には着任3年目に入ります。
学生たちとの積み重ねを本日聴かせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる