愛知室内オーケストラ定期演奏会間近!!

aco16.jpg

16日からリハーサルスタート、本日からは公演会場であるあま市文化会館でのリハーサルです。
本番のホールでリハーサルを行えることのありがたさを身に沁みつつ、この環境にこたえるべくメンバーともども頑張っています。

今回、クーラウ&シベリウス&ベートーヴェンというプログラム。

個々のミニ解説などはSNSサイトなどにも掲載してきましたが、どの作品も共通して言えるのは
「ロマン」がぎっしりということ。人間というもの200年、300年たってもそれほど変わらない生き物です。良くも悪くも・・・・時代が違っても語りたい「ロマン」は同じで、その表現の様式スタイルが異なるだけ。

クーラウのスタイルはベートーヴェンと近いもの。それでもクーラウ独特の語法があり、何よりドイツ~デンマークという文化環境の変化が見せる音楽の違いは面白い。

シベリウスの劇音楽へのセンスは抜群!ほの暗いドラマを独特のオーケストレーションで描きます。

今回メインのベートーヴェン交響曲第2番!これは私自身大変に久しぶりに手掛けます。
勉強は若いころから繰り返し機会がありましたが、実演の機会は意外と少ないのです。でも9曲の中で大変n好きな作品となっています。

D-Dur ニ長調の持つ性格というのは(シベリウスは黄色を感じていましたが)、調性の色、性格づけの中で古来より「歓喜」という表現に使われています。宗教曲にも多いですね。弦楽アンサンブルもD-Durが多いのですが、これは調弦の特性にも関係あるかと・・・

とにかく、この作品の持つ特色を今回メンバーの皆さんと真正面から取り組んでいます。
楽しみにお聴きいただけると嬉しいです。

あま市は、合併都市なのですね。ホールのある「木田駅」のまわりも のどかな土地が広がっています。
ゆったりした雰囲気でホールにたどり着けますね。ホールもきれいです!

miwahall.jpg

このホールにたくさんのお客様をお迎えできることを夢見てリハーサルをがんばっています!

ACO愛知室内オーケストラは、楽員それぞれ裏方の役割も持って現在まで運営をすすめています。
小規模のアンサンブルですが、14年の歴史を手作りの運営でここまで来ました。
昨年から音楽面でのかじ取りの役割をいただき、メンバーの皆さんとともにアンサンブルを磨き、多くの作品からいろいろな音楽の言葉を学び、昨年2回の定期演奏会をお陰様で好評をいただき終えることができました。

常任指揮者就任二年目はじめの定期演奏会、第16回定期演奏会は名古屋市を離れていますが、
名古屋から名鉄で20分ほどです。ぜひ、多くの皆様に愛知室内オーケストラのピュアで真摯な響きをお聴きいただきたいと願っています。お時間許しましたら、ぜひお出かけくださいませ!お待ちしています!

acotoyota1.jpg

全員ではないのですが・・・・・ お待ちしています!!!!

コメント

コメントする

目次
閉じる