名古屋往復

manabuu.jpg

今日は、この子=まなぶぅに会うために・・・ではなく、2件の取材をACO=愛知室内オーケストラのメンバーと受けるために名古屋往復。貴重な機会をいただきました。ありがとうございました。

2件目の新聞社には、自分は数年前からご縁があり、そのご縁がもとで現在の「もぐらの仕事」につながっていると思っています。中日新聞と中日新聞東京本社の関係者の皆様には、本当にお世話になってきました。
 

chunichi3.jpg

本社エントランスに展示されています。

 

chunichi1.jpg

 

取材内容は、こちらの公演のこと、ACOの新たな活動のこと、そして北欧音楽などなど・・・・

aco2015+1mini.jpg

 

なじみのない作品が並んでいますね。
メンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」と、ニルス・ゲーゼの関係
バッハのマタイ受難曲の楽譜を受け取った少年メンデルスゾーンと、弦楽の交響曲第12番の関係、
そして、ライプツィヒのメンデルスゾーンとニルス・ゲーゼのつながり、
それが今回の定期のコンセプトです。ゲーゼはメンデルスゾーン、シューマンとつながりのあった作曲家。
同時代の人です。

メンバーの、このプログラムにかける意気込みが今日の取材とミーティングで私自身しっかり実感できました。
リハーサルを心待ちにしています。
ぜひ、お時間許す限り、多くの皆様にお聴きいただけますと嬉しいです。

さて、お土産を頂きました!
こちらは、愛知県エリアの皆様にはおなじみですね。

nuigurumi.jpg

 

そしてACOメンバーである野村さん作成のこちら。

kazuyosanbag.jpg

このバッグの原画が野村さんの絵です。その原画のコピーもいただいています。とっても好きな絵です。
演奏以外にこのような絵心のある人です。ラハティの親友マルヤッタさんもそう。マルヤッタさんは絵画ではなく、お子さんの絵を原画とした刺繍です。それは見事ですよ。私は絵心ゼロです。配色やデザインは好きです。
絵が描ける人、尊敬です!

クッレルヴォより先に、こちらのACO第14回定期演奏会がやってきます。
2つの大きな公演、演奏への集中のためには・・・・

 

モグラ生活を早くなんとかすること!自業自得。集中して地に潜ります。

 

 

 

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 中日新聞社のPR,ありがとうございます。あわせて「まなぶう」までも。27日を楽しみにしています。28日は1400~からナゴヤドームでオープン戦があります。お時間が有ればお出かけくださいませ。

  • >佐藤好晴様
    先日はありがとうございました。そして「まなぶう」に会えましたこと、撮影許可いただけたこと、うれしかったです!野球は、ぜひ今年のうちに参上したいと思っております。よろしくお願いします。

コメントする

目次
閉じる