Helmikuu アイノラの集い

日本シベリウス協会、本年度のアイノラの集いでした。

 

テーマはクッレルヴォ

詳細は、ぜひこちらをご覧ください!

橋本ライヤ先生のフィンランド語、カレヴァラ朗読、とても深い感銘を受けました。

駒ヶ嶺さんの歌、水月さんのピアノによる ルオンノタール、管弦楽作品が原曲ですが、
見事なピアノの表現で、シンフォニックな響きの中、カレヴァラのドラマが歌われました。

自分のピアノつき解説はちょっとお恥ずかしいですね。
このところ、執筆に向かう時間が多く、ピアノに触れていませんでした。
反省!

そしてアイノラの集いのあとは、3月3日のソリストお二人と、クッレルヴォのリハーサル。
お二人の豊かな響き、歌に、自分は「にんまり」 公演が楽しみですよ!

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる