雨の七夕

今年の七夕は、雨模様のところが多かったですね・・・・

超大型台風が沖縄を襲っています。この後の進路も日本をなめるように進みそう。
すでに豪雨に見舞われている九州地方の様子が非常に案じられます。

明らかに数年、気象が変化している。「気候がおかしい」というのは、誤った言い方なのだと理解しました。
その判断の基準値がごくごく限られた近年の平均を考えているわけで、地球年齢を考えると、すでに緩やかな大きな変動の時期に入っているということなのでしょう。その上に住む人類が、見方を変えていかないといかんという状況なのだと思います。腹をくくって、逃げられない自然現象とむきあい、人類の叡智を発揮する時代なのだと考えるようにしたいと、思う次第。

さて、七夕は、グスタフ・マーラー氏の誕生日でもあります。G.Mおめでとう!1860年生まれです。154歳。
今年は春先の交響曲第4番に続き、10月には第2番「復活」を演奏します。

今月よりオーケストラもその公演にむかいリハーサル始動です。

自分は、本日より京都に入っています。

KEIHANNA.jpg

けいはんな地区の宿に滞在。机の広い宿は、大変にありがたい。
今回も宿題を持ち込んでの滞在。はかどることと・・・・思います!

仕事は、こちら

dousisyajoshi2.jpg

同志社女子大学音楽科のサマーコンサート。12日(土)にこの新島記念講堂で開催。14時開演です。
大河ドラマで、新島襄・八重ご夫妻のことはあらためて注目を浴びていましたが、学内に

dousisyajyoshi1.jpg

新島襄氏の言葉、掲示されています。

2011年の初共演以来3年ぶりです。もうそんなに時間が経ったのか・・と思いました。
今年も夏と冬の2回の公演を担当します。

サマーコンサートは、音楽学科全学科総動員の公演。
オーケストラ作品、声楽専攻生によるアリア、器楽専攻生による協奏曲と並びます。
学びの途中の学生たち、精一杯学びの成果を発揮することと思います。

前回の共演者は現在4年生になっています。エキストラの卒業生も懐かしい顔でした。
大学の先生方が、学生たちの成長を暖かくサポートする気風がはっきり見える場所です。
土曜日の本番めざして、毎日リハーサル続きます。学生たちと頑張ります。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる