第2回ハイメスオーケストラコンサート終了

soloists.jpg

あ第2回ハイメスオーケストラ、終了しました!
道民オケとして3回、昨年の名称をかえてのコンサート旗揚げに続き今年も機会をいただきました。
5年間一緒に演奏しているメンバーの皆さんも多くいます。

今年は生誕200年を迎えたVerdi Wagnerの二人の大作曲家を取り上げたプログラム。
私自身初めて接する作品もありました。

Verdiの「十字軍のロンバルディア人」・・・まったく存じませんでしたが、ヴァイオリンソロ(大平まゆみさん)の入る、とても華やかなアリアのような作品に出合いました。

「アイーダ」の有名なアリア「勝ちて帰れ・・・」も、実は初めて手がけました。ソロはハイメス事務局でも活躍されている、菅原利美さん。素晴らしく豊かな歌で、オーケストラを圧倒しましたね。

そのアイーダの「シンフォニア」という作品。歌劇前奏曲になっている冒頭に引き続き、オペラのエッスンスが続く作品。こちらも編曲されて完成しているので、なかなか演奏される機会も少ないようですが、初めは戸惑いつつも次第に作品の色も出てきて、面白かった。

タンホイザーのエリザベートのアリア(服部麻美さん)も、実は手掛けるのは初めて。今回あらためて作品全体をおさらいしましたが、タンホイザーの内面にようやく注目できるようになった自分を発見しました。

一方椿姫のジェルモン(岡本敦司さん) ヴィオレッタ(後藤ちしを)さん による二重唱は 本当に15年前までは多くの機会を得ていました。研修所では特に演奏機会が多かったですね。あの空気を久しぶりに思い出しました。テキストと音楽、呼吸ということに喧々諤々、いろいろな意見が飛び交った若き日のオペラ修行。
お二人ともステージでの間合い、声のドラマがリハーサルから一段大きくなっていることを感じました。

オーケストラだけの作品、アイーダとタンホイザーの行進曲はスタイルが異なること、それに留意。

そしてジークフリート牧歌、リエンツィはとても美しく豊かな音楽を持つ作品。
ハイメスオケの皆さんの抒情性と火を噴くような熱を帯びた音、音楽魂がさく裂しました。

お客様も客席一杯で、非常に暑い暑い暑い熱い公演でありました。
皆様本当にありがとうございました!

前半だけで1時間を少し超す長さ、札幌の夏としては非常に気温の高い日、
皆様本当にお疲れ様でした!

chieria.jpg

会場のちえりあホール。
 すでに5回、ここで公演の機会をいただいています。小ぶりですが響きはよいホールです。

vn.jpg

ヴァイオリンセクション。コンサートマスターの大平まゆみさんはご都合でレセプション欠席でしたが、本当に今回も大変にお世話になりました。セカンドトップは札響の井上澄子さんが務めてくださいました。

 

va.jpg

ヴィオラセクションです。トップは今年も札響の物部憲一さんです。ありがとうございました!

vc.jpg

チェロセクション。ハイメスオケの運営要である札響の文屋さんがトップです。メンバーは常連の方が増えていつも宴席も楽しいチームです。

cb.jpg

コントラバスチーム。札響OBである藤澤さんがトップを務めてくださっています。こちらも常連さんが参加ですね。いつもありがとうございます!

winds.jpg

木管チーム!札響の三瓶さん、札響OBの一戸さん、札響の坂口さんのご協力も得て、今回もソロが満載のチームでした。ありがとうございました!!

 

brass.jpg

金管チーム!今年はホルンに札響の岩佐さん、トロンボーンにも札響の野口さんが参加くださいました。ファンファーレの多かった今年の選曲、トランペットセクションの活躍する作品が並びました。皆さん本当にお疲れさまでした!

perc.jpg

札響OBでカスタネット協会会長である真貝さんが今年もティンパニーを担当くださいました。楽器の面でもいろいろお力添えいただいています。打楽器チームも常連さんですね。いつもアンサンブルをありがとう!

 

本当に夏だけの集まりなのですが、5年続くと不思議と何かオーケストラとしての色合いが出てくるものですね。来年も担当させていただくことが決まっています。さらに一段上の演奏をめざして、私もまた1年精進します!

今年の札幌は暑かった。本当に暑かった!

皆様どうぞお元気で!ありがとうございました。

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 新田先生
    お世話になりました!先生の冷静で知的、でも情熱的なご指導に本当に感動しました。私はエリザベートのアリアを演奏会で歌うことは初めてでしたが、本番は集中して気持ちよく歌うことが出来ました。私はロシア歌曲を歌うことが多いのですが、ワーグナーに取り組むことができて、またご指導頂けて幸せでした。ありがとうございました。先生の益々のご活躍をお祈り致します。

  • 新田先生
    お世話になりました!先生の冷静で知的、でも情熱的なご指導に本当に感動しました。私はエリザベートのアリアを演奏会で歌うことは初めてでしたが、本番は集中して気持ちよく歌うことが出来ました。私はロシア歌曲を歌うことが多いのですが、ワーグナーに取り組むことができて、またご指導頂けて幸せでした。ありがとうございました。先生の益々のご活躍をお祈り致します。

  • >服部麻実さま
    先日は本当にありがとうございました。そしてコメントありがとうございます。ワーグナーの世界をご一緒できてうれしかったです。今は天国にいる父がロシア語専門だったので、ロシア歌曲の響きはとても親しみがあり好きです。今度ぜひステージに伺わせてください。暑さ続きますね、お元気でお過ごしください!

コメントする

目次
閉じる