習志野フィル始動

7月7日の七夕にコンサートを持つ習志野フィルとのリハーサル、今季初めてリハーサルに参加。

会場は懐かしい消防署ホール。
習志野市の市役所も目の前ですが、市役所は新しくなるそうですね。

曲目はすべてロシア作品、

プロコフィエフ/古典交響曲
リャードフ/8つのロシア民謡
チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」

本日は一通りリハーサル。
2007年の夏以来の共演なので、久しぶりです。でも懐かしいお顔が並びます。
それでも、このオーケストラ創設時からのメンバーでいらして、活発な音楽活動を展開されていた、
フルートの方が61歳という若さで亡くなられたという知らせには、本当に残念で悲しい想いでした。
心よりご冥福をお祈りします。

プロコフィエフの難しさには、難しい顔をしていては太刀打ちできない・・
この曲の面白さをなんとか共有したいものです。

リャードフのこの作品は初めて手掛けますが、以前から興味を持っていました。
素朴で美しい歌が並びます。歴史のあるオケ、数々の名曲を手掛けているオケです。
きっと味わい深い歌が聞こえると思います。

チャイコフスキーは自分も最近不思議と演奏回数が増えてきた「悲愴」
昨年の横浜国大以来ですが、あの時の演奏を一区切りとして、今回スコアを新しくしました。
この曲も演奏経験の多い人がメンバーには多くいるようです。
習志野フィルとしての「悲愴」に最終的にまとめ上げるように・・・

リハーサル後は懇親会をいただきました。
5年経過するといろいろと変わるものですが、それでもすぐに2007年のシベリウスを取り上げた頃の記憶がよみがえりました。

そう、あの時の公演には父もまだ聞きに来てくれていました。

七夕の公演、どんな出会いとなりますか・・・がんばってまいりましょう。<(_ _)>

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる