Ystävän päivää!! ともだちの日

happy boo.jpg

ハッピ~ヴァレンタイン♪
フィンランドでは、「ともだちの日」といいます。

ムーミンの世界の登場人物は、不思議な距離感を持って社会が成立していますね。
この距離感が好き、ということもムーミン好きの一つの特徴かもしれません。
助け合うけれど、もたれあわない、必要な助けはするけれど、余計なことはしない・・
個が自由であるために その哲学を教えてくれるセリフも多々あります。
この個の自由は、わがままとはちょっと違いますね。

ムーミンの世界には、完璧な人、偉い人はあまり出てこない。
どこかに、自身の分身のような姿を見つけられる。特に弱い部分、未熟な部分、ダメな部分・・・
 

それがもたらす影響を とてもスマートに教えてくれ、
そこから脱出する方法もいつの間にか描かれている・・・・

友達は、お互いに助け合うものだ・・というセリフを、そういえば昨日見ていたドラマにもあった。
助けをあてにした向き合い方は不毛。give and takeは結果論。目的ではない。
相手のためになれる自分であるように自分が頑張り続けること・・
それはいつの間にか、きっと自身も助けることになるのでしょう。

人生後半の自分ですが、社会的にまだまだ未熟です。これからも関わってゆく人は増えてゆくでしょう。
自分の一歩が誰かのためになれるかどうか・・・は、まだまだ精進が必要です。

近くの友達、遠くの友達、お世話になっている皆さん。ありがとうございます<(_ _)>
 

コメント

コメントする

目次
閉じる