深川第三中学校同期会忘年会

今日はまずは浅草へ。友の会会報の打ち合わせ。水谷先輩ありがとうございました!!

浅草には外国の方が多かったですね。新年を日本で、というときに浅草の宿はなかなか情緒ありますな。

夕方から12歳から19歳まで過ごした東京下町、門前仲町へ。
母校、深川第三中学校の同期生の皆さんが集まる忘年会へ参加。夏冬、地元の人を中心に集まる会を開催しているそうで、数年前から声をかけてもらい、これで2度目の参加かな?

深川は歴史のある街、ご先祖様の代からずっとこの地で・・・という同級生もいます。宮司さんの一家もいます。ご商売をされている人も・・・とにかく中学生時代には知らなかった同級生の一面も大人になって知るものです。

sanchu albummini.jpg

今回本当に卒業以来の再会となった同級生も4人いました。こちら卒業アルバム。
確認しなくても、すぐに当時の面影やら雰囲気やら学校の空気を思い出します。
 

sanchu3.jpg門前仲町のお店、地獄豆腐「みはな」さんで。
 

sanchu5.jpg

ニ次会のお店。仕事を終えて駆けつけた人もいましたよ(^_^.)

深川地区には自分は小学校6年の2学期に移ってきました。上石神井から。
いわゆる山の手地区と下町地区の文化の違い・・・・
子供ながらに感じていましたが、その前が何分野生児のごとく札幌の原野で走り回っていた自分なので、あまり根っこはおとなしい人間ではなかった。

その小学校のクラスメートでもあった紀子さんは、ピラティスのインストラクターなどしているのです。
何と某音楽家のご夫婦も紀子さんのクラスに通っているということ!
転校したての自分を明るい笑顔で助けてくれた紀子さんは、今でもパワーあふれる素敵な仕事で明るさを社会に生んでいる。素敵だな・・・。
同級生いろいろな分野で力を発揮しています。以前おいしい料理を頂いたシェフもいます。お店の経営者もいます。でもなんだかすぐに、あの中学校の教室での姿を思い出してしまう・・・(^_^.)

sanchu4.jpg

ブラスバンド部の部長さん、3年の時の級長さん。お二人の副の役割で頑張っていたつもり・・・だったのだけど、どうやら私は「怖い人」だったらしい・・・・(>_<) ごめん!

みんな一緒に人生後半を迎えていますが(当然ながら)、それぞれに闘い、立ち向かい、悩み、もがき・・・
その積み重ねの時間が同じだけ、お互いに元気をもらうことも多いかな。
同級生の健康を心より祈り、人生の歩みをお互いに応援したいと強く思いました。

嬉しいことに、最近コンサートにも足を運んでくださいます!大いなる励みであります。ありがとう!!
クラシック談義を始めたのは、この中学校の時からです。アンサンブルの世界に出会ったのもここのブラスバンド部から。中学時代は本当に休む暇なく動き回っていた記憶しかない。

皆さん良い年を迎えてください!

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる