横浜国大管弦楽団2012夏合宿

第99期の学生たちと12月8日までリハーサルが続きます。

naganoeki.jpg長野電鉄の長野駅。改札は列車が入線してから・・・・
 

yasai.jpg

改札の外にはミニ八百屋さん。地元の新鮮なおいしそうな野菜がずらりと!
買いこみたかった!!しかし配送サービスはないようなので断念。
 

yasai2.jpg

代金は改札で支払!!!!よいですね!
 

naganodentetu2.jpg

この特急に乗りました。長野~湯田中です。進行方向一番後ろに陣取ります。
 

naganodentetu1.jpg

 

syasou1.jpg

syasou2.jpg

syasou4.jpg

天気がよくて、気持ちの良い車窓風景でした。
 

gassyukujyo.jpg

今回の宿舎。私は初めてのところでした。湯田中駅で宿の方が車で迎えて下さり、20分ほど志賀高原を登ってゆきます。大きなホテルです。リハーサルホールも広くて 大所帯でも大丈夫ですね。

今回はトレーナーの先生方もほとんど勢揃い。贅沢な合宿になっていました。お世話になります。
13時半から早速合奏。フィンランディアから。7月の初合奏の時に感じた譜読みの速さは確かなもので、
ただしかし、本番ホールでお客様に届く音にしてゆくのに、これから時間をかけたいと思います。

「悲愴」も、作品に魂をいれていくのがこれからの課題ですね。ただ並んでいる音は何も意味がない・・。

汗をしっかりかいたあとは、夜の宴席。

konpa.jpg

概ねパートごとに集まって車座を。私と学生の幹部役員が集まる場所に、パートごとにご挨拶にきてくれます。そこで全員と顔合わせとなります。昔はかなりの名前を憶えられたのだけど、だんだん・・・それが・・・・むずかしく・・・・・・なっていますね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・がんばります<(_ _)>

沖縄と札幌と千葉のお土産を差し入れ。あとは家にあったフィンランドのウォッカも。
今回ロシア音楽とフィンランドの音楽が並びます。ウォッカの刺激は体験してほしい・・・!

12時をまわったところで私はおとなしく退散。(よい子になったものだ)

夜の志賀高原はひんやりでしたね・・・・。
しかしニホンザルが宿に侵入してくるということで、窓をあけては休めません。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる