ソロあわせ その2

さて日曜日は、エレティールのリハーサル。公演1週間前です。
ソプラノの朴瑛実さんをお迎えしてのマーラーのソロあわせ。

朴さんとは昨年6月にニューフィル千葉の公演でご一緒したのが初共演。
マーラーのリュッケルトリーダーでしたが、本当に素晴らしかった。その時の印象が強かったので、
今回のエレティールのプログラムでも、お願いしました。

子供の不思議な角笛・・・・今回は5曲です。
Wer hat dies Liedel erdacht?
Rheinlegendchen
Das irdische Leben
Wo die schonen Trompeten blasen
Urlicht

いずれも素晴らしい歌曲ですが、オーケストラのパート譜もなかなか手ごわいです。
テキストと音符の絡み合いが本当にデリケートで美しく・・・・
そして朴さんの歌が、また非常に美しく ドイツ語のテキストから物語を語ります。
お願いしてよかったと、心から思いましたね。
オーケストラももう一段ステップアップしたいと思います!

ゲーゼのオシアンの余韻・・・・シンプルなのでそこに意味を明確に書き込むのは 演奏側の意識ですね。
繰り返しの音型は繰り返すことに意味があるのではなく、繰り返すことによって何を狙っているのか・・・
その背景の意味を明確に音にしてゆくこと。この伝説の物語がもう一段雄大に描かれるように頑張ります。

メンデルスゾーンの「宗教改革」は、大きなソロを持つフルートが大活躍ですが、そのまわりのサポートがもっと大切。メンデルスゾーン特有の典雅な美しさ、クリアーで軽やかな流れ、そして人々のさまざまな心模様、民衆の共感などなど 精神的な背景となるものがたくさん書き込まれている曲です。

上記3曲の公演、次の日曜日です。ぜひ多くの皆様のご来場をお待ち申し上げています!!

今日はリハーサルの後に、東陽町で皆さんと一杯!

ele nomikai.jpg

皆さんどうもありがとう!来週、素敵なコンサートにしましょう!!

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる