都民芸術フェスティヴァル オーケストラ・シリーズNo.43拝聴

yomikyo program.jpg

読売日本交響楽団による「ストラヴィンスキー3大バレエ音楽」拝聴しました。オペラシティコンサートホール。
ステージ真横の席だったので、ほとんどステージの中にいるような感覚です。
自分はお気に入りの場所です。バランスは問題ありますが たくさんのこと勉強になります。
指揮は沼尻さん。
マエストロ沼尻さんは1990年のブザンソンコンクールの優勝者です。ファイナル審査までご一緒しました。
遠い昔のような、昨日のような・・・そんなブザンソンの空気を思い出します。
その時の現地での初めの審査課題が本日演奏の「春の祭典」第2部でした。

3大バレエ、「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」、今回は「火の鳥1919年版組曲」そして「ペトルーシュカ」は1947年版。これは編成が縮小された方の版。そして1913年の初演時に騒ぎを引き起こしたエピソードが残る「春の祭典」 もういずれも100年前のものです。そんな21世紀にあってこの作品たちがどう響くのか、そんなことも楽しみながら、考えながら拝聴でした。

読響は今月師匠オスモ・ヴァンスカ客演の月です。すべてにはいけないのですが、何公演か・・伺います。

ロシア音楽を聴いた後は、こちら・・
 

borusichi.jpg

ロシア料理店でボルシチなど・・・・

russian tea.jpg

最後にいただいたロシアンティー、大好きですがついついこのジャムをいただき過ぎて・・・危険です。
 

千葉への帰路、総武線快速 またも車両点検で遅延でした。20分ほどの遅れでしたが 深夜だったので本数も少なく・・・すっかり午前様に。
 

開演前にオペラシティビルの本屋さんで衝動買いです。

books.jpg

じっくり読みます。
世界も日本もカオスですが、自分の内側も相当にカオスであると自覚しています。
そんな状態なので、衝動的に・・・・だったかな・・・

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる