Kiitos elamää. Syntymäpäivä

  swe birthday .jpgmini.jpg

本日おかげ様で元気に誕生日を迎えました。
半世紀という大きな節目、自分の中の内部年齢と現実の年齢とあまりぴったり合っていない私であります。
人様よりも20歳以降、ゆっくりと年を取っているような実感があります。

とにかくこうして健康に2011年を迎えられたこと、何より母に深く感謝を。
この命を授けてくれた両親には、生き抜くことで恩返しを。
天国で見守ってくれているであろう妹には、引き続き駄目な姉を見守ってくれるように更に祈りを。

そして仕事に、プライベートに多くの皆さんに支えて頂いている自分です。
出会いの多い仕事ですが、その中で本当に素晴らしい人のつながりと支えと刺激と教えを頂いています。
本当にありがとうございます。

自分の職である音楽にも、自分は育てられていると日々感じています。
過去の作曲家の教えは、深遠で宇宙につながる・・・・。

今日は国立音大の授業、13時10分オーケストラスタジオに行きますと・・・
三浦教授のタクトで「はっぴばーすでぃー」♩ in B という号令がかかって B-Durで学生達の演奏が!

ありがとうございました~!
そして贈り物まで!

present.jpgmini.jpg

左側のネズミ君、http://www.randomhouse.com/kids/lionni/index.php このキャラクターのようですね。
Leo Lionni の友達というタグがついていました。かわいいですね~。
そして大好きな緑色のマグカップ。トナカイの絵柄です。

そして写真立て。上の写真は授業の初めに吹奏楽の授業選択学生と先生方全員の写真。
デジカメで撮影後すぐに写真にしてくれたのです。素敵な記念になりました。(^O^)/

present and yuri2.jpg

いやああ、驚きました。こんなにしていただいて幸せ者です。<(_ _)>
気持ちは20歳ですが、現実的な身体はどう頑張っても若者と同じではありません。
実年齢にふさわしい歩み方を10年続けましょう。
不思議とおよそ10年ずつ、大きな節目があります。

これからの10年で行うことは、ただ同じように積み重ねてゆくだけではなく
目的の実現への積極的な歩みですね。
そこには厳しさも痛みも伴うことでしょう。でも人生の後半のステップは、きっときちんと意識をしなくては昇ってゆけない。

学生の皆さんとは いつも音楽を挟んでまっすぐにぶつかれる様に自分を鍛えておきたいと思います。
前半戦の自分の積み重ねを少しずつバトンタッチしながら、更にこれからの歩みは一緒に考え一緒に見つけて、現在の社会の問題を新しい時代の中で解決させてゆきたいと願っています。

多くの皆さんに心より感謝を。
明日から半世紀1年目としてフレッシュに歩いてゆきます!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる