ポホヨラの調べ&Japan meets Finland頒布のお知らせ

2015年のシベリウス&ニルセン生誕150年に因んで出版していただいた拙著「ポホヨラの調べ」、
その後2019年には解説作品を少し増やし、編集者による資料も増えた「増補改訂版」を新たに出版いただきました。
解説欄は音楽分析的な専門用語をできるだけ使用しないという方向で、北欧音楽入門書として書いています。
文章にしている作品はすべてこれまで自分の手で指揮をしてきたものです。
指揮をしてきたすべての北欧の作品というわけではないため、個人的に今後同様の紹介文章は書き溜めてゆくつもりです。
音楽を愛する皆様のお役に立てているか否か私自身ではわかりません。
ただ、「知らない」「聞いたことがない」ということだけで
素敵な魅力ある作品への扉を閉じてしまうことはとてももったいないな・・・とその想いだけで書いています。
指揮者はいろいろな縁を繋ぐことも一つの仕事だと思います。作品とお客様を繋ぐ一つの機会を作ること、素晴らしいオーケストラ、音楽家の共演の機会、作品と世界各国の音楽家との縁などなど・・・。
そして指揮することを通して作品・作曲家との会話を行っている日々、
その会話の一端からコンサートでお聴きいただく音の背景をご紹介できればと思って書きました。
実はこの3月まで勤務していた音大の図書館が発行している冊子の中に、拙著をご紹介いただいた記事をさきほど偶然に見つけました。
こちらにリンクを張らせていただきます。2015年の出版の時に書いていただいていました。
うかつにも本人が気が付いていなかった・・・大変失礼しました。

増補版

現在店頭ではこの上の写真の増補版のみが並んでいると思います。
2015年版初版のものが、私の手元に少し(4冊)残っています。
いつも自分の公演の時に書籍販売のコーナーも出させていただいていたのですが、
この新型コロナウィルス感染拡大の影響でホールでの販売が難しくなっています。
旧版ですが、ホールでの特別価格 定価2000円+税→1500円(送料込み)の価格で
先着4名様(おひとり様1冊)のお申込みをお待ちします。

そしてこちらはCDのご案内
昨年で6年の任期を終え退任した愛知室内オーケストラと
フィンランドプロジェクトを行った2019年に作成したCD,
Japan meets Finland です。

フィンランドが生んだ世界的トランペット奏者、ヨウコ・ハルヤンネ氏をソリストに迎えて、
2019年1月に愛知県で収録しました。エンジニアもフィンランド人。
フィンランドのレーベル、Pilfinkレコードよりリリースされています。収録曲は以下の通り。
アルットゥ・シピラ作曲 My Japanese Friends
アルットゥ・シピラ編曲 日本の唱歌より 夏の思い出・赤とんぼ・ペチカ・ふるさと・ずいずいずっころばし
シベリウス作曲     ロマンス
シベリウス作曲     即興曲
小山清茂作曲      アイヌの唄
フィンランド公演でも演奏した作品です。
名手ハルヤンネ氏の美しい音色とともに、日本の情緒が歌われた曲もぜひお聴きいただきたい内容です。
こちらもコンサート会場特別価格で頒布させていただきます。先着30名の方のお申込みをお待ちします。
定価2000円→1500円(送料込み)

いずれもお申込みは当サイトの連絡先 info6@yuri-muusikko.com
こちらまでメールでお申込みください。
お名前・枚数(CDは複数もお受けいたします)・ご連絡先・ご送付先をお知らせください。
折り返しお支払方法をご案内いたします。

コンサートをお楽しみいただく機会が少なくなっている現在ですが、
日々の生活の中に寄り添う音楽の形を大切にしたいと思っています。
もしお手元で何かお役に立てましたら幸いです。

今世紀のパンデミックに覚悟を決めて向き合う日々、天変地異も多々。
素晴らしい音楽作品が未来への道を教えてくれることもあります。
皆様の日々が心豊かなものでありますように。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる