Happy Birthday to Robert Schumann

 R.Schumann picture.jpgmini.jpg
今日はR.シューマンの生まれた日。1810年の6月8日でした。1856年までの46年間という生涯。
繊細で・・・というウィークポイントが巷では強調されますが、非常に精力的に仕事をして鋭い視点で時代の芸術を見ていた人。自分が年齢を重ねてから近付けるようになった作曲家です。若いころは避けていました。
交響曲では実はまだ2番だけを手掛けたことがないのです。
先日シカゴでマンフレッド序曲を拝聴しましたが、自宅のピアノ譜の棚に、マンフレッドのピアノスコアがありました。その昔、見つけたことを思い出しました。表紙の壊れた少し古い楽譜ですが。

昨日、6月7日は何と3人の指揮者の誕生日だったのです!
ジョージ・セル(1897-1970)
ネーメ・ヤルヴィ(1937-)
オッリ・ムストネン(1967-)

ムストネンはピアニストとしての知名度の方が高いですが、指揮者としても来日しています。
偶然ですが、皆さん生年の末尾の数字が”7”です。 
いずれの方も充実の音楽活動していますね~、ラッキー7の皆様でしょうか?

最近時々音楽関係者の誕生日を勝手にお祝いしていますが・・・どうして知っているのか?

「青革の手帳」があるのですよ・・・music diary2011.jpgmini.jpg

日本製の音楽手帳も同様にいろいろ掲載されていますね。
昨秋のロンドン滞在で購入しました。
 

 

6月も第2週、フィンランドはそろそろ夏休み・・・に入る人も出てきます。
長い休暇を取れる社会態勢。私はうらやましく思います。
ところがところが、この長期夏季休暇のことをしっかり念頭におかないと、フィンランドと関わる仕事をしている時は、「アウト!」なのですね~~。現在いろいろと焦って先のことを進めている状況です。
 

今日は京都に行きます。龍谷大学でのリハーサル。
先週はお弟子様に長時間リハーサルでみっちりと見てもらいました、ありがとう!
さて演奏会一カ月前、ここから勝負ですよ。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 本番は?と思って調べたら、長岡京記念文化会館なのですネ!
    天満宮の前にある八条が池のツツジも終わり、暑さが厳しそうな時期です
    学生諸君に、良いアンサンブルを経験させてあげて下さい
    ところで、本番翌日に飯守さんのリハがありますが…

  • >オケ・ロージン様
    コメントありがとうございます。はい、そのホールなのです。
    翌日は・・・・・・・元気が残っていることを祈りつつ・・(^^ゞ

コメントする

目次
閉じる