Kiitos Äiti

 carnation.jpgäiti・・・・母

母の日、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか・・・。
この3年半、以前よりもずっと母の傍にいる時間が増えました。
それでも日々仕事でばたばたと動き回り、実家にいても仕事の準備で部屋に閉じこもり、
あるいはピアノを弾いて・・・・・と、なかなか母とともに何かをするということができません。

おかげ様で母は元気でおります。
日々、新聞を隅々まで読み、読書を日課とし、庭の手入れをし・・という静かな時間を母は過ごしています。
私と違って、あまり外に出ることが好きではないそうです。
そして栄養士である専門を生かした日々の料理で、私は大変にお世話になっております。
なかなか恩返しはできませぬが、まずは健康で母を支え続けることが自分の感謝の気持ちでしょうか。
私が先に倒れる!などと、冗談で申す母でありますが(冗談ではないかもしれません)
健康で楽しい日々が続いてゆくことを何より願っております。

もっともこのところは楽しいとは言えず、
残念ながら母の故郷は立ちいることができない区域となっています。
懐かしい土地が姿を変えてしまったことは、本当に残念で悲しいことです。
この先も案じる状態が長く続きます。
しかし、少しでも希望の灯を未来に見つけて、日々元気に・・・・・と、思います。

深い感謝を母へ・・・・・・Kiitos!<(_ _)>

本日は横浜国大のリハーサルへ。
14日が公演です。あっという間に近づいてきました。
yokokoku96.jpg

春の響き、お客様に伝わると良いな・・・・
 

 

とっても丁寧に皆さん練習しています。驚くほど。
その心を本番に解き放つのは自分の役割だな。
 

それにしても多くの作曲家と一度にお付き合いをするのは、なかなか楽しく大変なこと。
シベリウス、フォーレ、シューマンと並ぶこの公演は、どちらかというと内省的そして抒情的な皆さん。
並行して見ている他の公演では、マーラー、ショスタコーヴィチ、プロコフィエフ、バーンスタイン・・・と、
実に内面の華やかな皆さん・・・。目が回る・・・・(@_@;) しかしそれがこの仕事の幸せな瞬間の一つ。

目の前の奏でる皆さんたちと、素敵な音を紡いでいく。

14日はたくさんの皆さんのご来場をお待ちします!

コメント

コメントする

目次
閉じる