ピアノリハーサル始まる

svenska toner.jpg
本日からこちらのコンサート、大久保さんリサイタルのリハーサル開始。
12月に手がけたステーンハンマルとシベリウスは重なりますが、他は新曲。
スウェーデン語歌曲の新しい色彩に出会って、また刺激的な楽しい時間となりそうです。
ぜひ多くの皆さんに、この新鮮な響きをお聴きいただきたいと思います。
川上麻衣子さんの朗読も楽しみですよ!

帰宅すると英国からメッセージ、
英国シベリウス協会会長バーネット氏からでした。すでに巷でもニュースは流れていましたが、
ラハティ響は新しくオッコ・カム氏とシベリウスのレコーディングを始めています。
マルヤッタさんからも年明けにメールを頂いたのですが、バーネット氏もそのレコーディングに立ち会ってきたというお話、そしてこれからのラハティ響レコーディング計画についてお知らせが。楽しみです。

今日は冷え込みましたね。「冬」の実感。
大久保さんとも「やっと冬らしく冷え込んできましたね~」と会話。大久保さんも北海道ご出身なので寒さへの耐性はあるようです。スウェーデンも寒い国です。

夕方の空がとても美しく不気味でした。秋のうろこ雲のようなものが帯状に・・・・

2011年いろいろなことが動きだしました。
心残りのないように駆け抜ける・・・・今年の一つの目標であります。

 

コメント

コメントする

目次
閉じる