Hyvää syntymäpaivää Sibeliukselle

sibelius1910.jpg

今日はシベリウスの誕生日。1865年12月8日生まれ。
この写真は今から100年前のシベリウスの姿です。1910年、45歳ですな。
なんとも落ち着きがあって貫禄があって・・・
1910年に生まれた作品は・・・・
●8つの歌 作品61 ●木の精 作品45 ●劇音楽クオレマからの2つの付随音楽 作品62 など。
大きな作品はあまり生まれていません。翌年1911年が交響曲第4番。 
 

 

今はシベリウスの歌曲数曲を目の前にする日々ですが、スウェーデン語側のシベリウスと付き合うと
管弦楽作品への視点も少し変化してきますね。カレヴァラを背景とする作品は明らかにフィン語の音楽ですが、スウェーデン語のテクストや物語を背景とする曲は フレーズ、リズム、和声ともに異なる世界が見られます。
 

さて
明日から毎日シンフォニックウィンドアンサンブルのリハーサルです。大学に通います。
その間に、日本シベリウス協会の総会も。

あ、明日はお弟子様の仕事場 東邦音楽大学のウィンドオーケストラ定期演奏会です。
多彩な吹奏楽作品が並んでいます。興味深いですね。ぜひお時間ありましたら皆さんも!

我々の公演は12月12日(日)14時開演です。
吹奏楽のヴァイオリン協奏曲という非常に珍しい曲もあります。
ソリストも注目です!
美しい音と素晴らしい音楽性、そしてファッショナブルなスタイルでも人気の石田泰尚さん。
石田さんのファンの皆様もぜひご来場ください!きっとご堪能いただけます。
お待ちしています!

コメント

コメントする

目次
閉じる