Swedish

     
今日は大久保さんとの初あわせ。
まずは来月17日のサロンコンサートの分。
自分にとっては日本歌曲がまさに「初対面」という世界。
吹奏楽やオーケストラの邦人作品とはまた違った世界。
日本語のテキストからこのような音が生まれるのかという新鮮さと驚きと・・・。
まだまだ自分は甘いな・・・と痛感でした。

そしてスウェーデン語の歌曲の数々。もちろんシベリウスもそうなのですが、
そこにはフィンランド語とは全く違うフレーズが生まれます。

17日と21日は異なるプログラム、21日のほうがまとめてスウェーデン歌曲をお聴きいただけます。

svenska toner.jpg

こちらのチラシも本日いただきました。来年2月の大久保さんリサイタルです。
川上麻衣子さんが朗読で出演されます。
2007年の紀尾井シンフォニエッタのクリスマスコンサートで共演。
大久保さんも共演でした。
川上さんは現在ガラス工芸の作品展も企画されています。以前お伺いしました。

川上さん情報ですが、明日明後日 演劇「津軽」に御出演されます。
詳細はこちら
そして今秋スウェーデンの絵本「愛のほん」「死のほん」を翻訳、小学館より出版されたそうです。
川上麻衣子さんと言えば、スウェーデン紹介のドキュメンタリーで度々メディアにもご登場。
この2月のコンサートもスウェーデン色満載でお届けすることになると思います。

すぐお隣の国ながら、スウェーデンとフィンランドは大いに違う・・・・そういえばつい先日ラハティ響は
初めてのスウェーデンツアーを行っていました。
マルヤッタさんの報告では「ハードで疲れた!でも素晴らしい旅だった」ということ。
スウェーデン、まだ自分は初心者だな・・・。

スウェーデンつながり・・・・
思わぬ御縁でこの素敵な絵本が自分の手元に。
感激しています!懐かしく・・・そしてまた新たな空間。swedish book3.jpg

swedish book2.jpgswedish book1.jpg

本当に面白いようにスウェーデンの御縁が急激に広がって・・・・

今夜のとあるテレビドラマには「スウェーデン公使館」が設定となっていたり・・・
松本清張は好きなので、ついつい見てしまいました。昭和の世界がなんとも実に懐かしく嬉しく。
自分の年齢も改めて思い知ってしまったり。明日の後編は録画をしておこう・・・!
今週は本当に忙しかったのですが、ちょっとした息抜きになりましたね、このドラマ。
明日、明後日と公演に向けての切り替えになったと思います。

 

kyotoshimin.jpg

今年の京都通いも今週末でおしまいです。日曜日28日は京都コンサートホールへお越しください!
バーンスタイン キャンディード序曲
マーラー     子供の不思議な角笛より バリトンソロは片桐直樹さん
シベリウス    交響曲第1番 
 

 

以上のプログラムをお届けします。初顔合わせのオーケストラでしたが、
北欧つながりや、以前学生オーケストラで共演した皆さんや、様々な御縁も内在しているオーケストラ。
ぜひ一丸となった響きを作り上げたいと思います。
 

Mennaan Kiotoon!
 

コメント

コメントする

目次
閉じる