後半スタート

8月、2010年の活動後半戦始まり・・・

2日は今週末のコンサートのリハーサルでした。
久しぶりの慶應大学日吉キャンパス。夏休みのはずなのに。。。たくさんの学生が。
サークル活動も活発ですな。

リハーサル会場も2004年の折と同じ。懐かしいですね。
学生たちとの年齢差は・・・・・・・・・・・・・・あいにくさらに6年(も)開き・・・・
しかし気持ちは若くリハーサルに向かいました。
珍しい曲も今回取り上げていますが、なかなか皆さん若い柔軟な感性で向き合ってくれています。
ありがとう!
あとは前日にホールにてソロ合わせも待っています。
おかげ様で公演はほぼ満席ということ、嬉しいです!

さて唐突ながら。。。。。。。。。。。。
メガネが壊れた。セルロイドの赤ふちメガネ。突然真っ二つに・・・・・・
何のサインだ。(と、すぐに考える自分は非科学的であると母には思われている。母は理系人間なり)
broken glasses.jpgbroken glasses2.jpg

見慣れない造型は不思議な感覚をもたらします。
荷台をつないでいないトラックの運転部分だけで走っている姿も、同様に・・・
それ自体、正誤があるわけではなくて、単に使用にあたり意味があるだけの形。
でも、慣れているということは自分の中には即ち正しい在り方になっているのだね

それはともかく、
本日は懐かしい方と会えた。
大学時代の先輩。一緒に「指揮研究会」で勉強。
M先輩はピアニストとして我々指揮者見習いのレッスンなどを支えてくださっていた。
現在は幅広く音楽マネージメントやステージ制作などで活躍されている。
学生時代もいろいろとお世話になっていた。
当時師事していたK先生のお仕事を追って、大阪に一緒に行ったことも。

東京駅近くのスペイン料理のバーで、
う~ん、美味しかったのですがちょっとお店の音楽が大きすぎましたね。
事前リサーチが不足でした。ごめんなさい(>_<)
耳の刺激は目にくる。

さて明日はメガネを新調か!!!

週末の公演準備、
シベリウス原稿、
札幌の公演準備、
秋のシベリウスフィールドワークの準備、
後期授業の準備、

今年後半、始まりました。夏休みおしまい!

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 「名曲探偵アマデウス シベリウス第二交響曲」知人に録画をお願いし、やっと見れました。ユリさん解説、最高でした。もっと時間が欲しいですね! フィナーレの二つの旋律に関する、それぞれのエピソードまで盛り込めたら、ベストだったでしょう。第Ⅲ楽章には、それまでの楽章の要素が何回も現れ、それらが実にガッチリと構成されている、と感じましたが、いかがでしょう? 1901年にほとんど他の作品を残さない程、没頭して完成させたこの力作は、シベリウス自身が指揮して初演したコンサートの中で唯一、三回も再演されるのです。シベリウスにかぎらず、さらなる「アマデウス」への出演を、期待します!
    わたしは、シベリウス自身の指揮と、ユリさんの指揮が、実は似ているのではないか、と勝手に想像しています。(SP時代のシベリウス演奏と、それらに対する実はキビシイ彼の意向をふまえて、の考えです)

  • >萩原さん
    コメントありがとうございます。おほめ頂き恐縮です。
    今回構成上盛り込めなかった点は、実演で描いてゆきたいと思います。ミーティングではあの内容の3,4倍は素材があったのですが、それをコンセプトに基づき構成させています。なかなか準備に時間をかけている制作スタッフの皆さんです。大変ですが面白い現場でした。
    シベリウスの指揮・・・近づきたいものです。

コメントする

目次
閉じる