今日は品川 あの猫に会えた!

午後夜間の長時間練習となった品川区民管弦楽団。
公演を一カ月あとに控えて、エンジンがかかってきた(かけなくてはいけない)時期に入った。

大井町からの徒歩、先週のあの猫君に会えるかな・・・と、ずっとよそ見状態でてくてく。
リハーサル会場に到着までの道では会えなかった。

14時から、ニルセン・ラーション・シベリウスの順で20時過ぎまで。
ニルセンは全楽章を通してみた。少し見通せたか・・・・
ニルセンが書き込んだ音の遊び、リズムの遊びなどなど、素直に楽しみたい。
切れ味よく鮮やかに、残り一カ月はそれにつきる。

ラーションはなかなか良い状態になってきた。きっとさらに磨きがかかるでしょう。
ソリストたちも、弦楽器セクションも。

そしてシベリウス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やはり特徴が明確な作品だけあって、その部分をどこまで理解して自分の血となり肉としてゆくか・・・
単純に音を並べるだけでもかなりハードな作品だけど、それ以上にこの作品の世界感をもっと共有したい。
とっても神経は使うけど、頭で考える作品ではない。
もっともっと原始的に、野性的に、そして抒情的に。

大井町への帰り道、

あ!

いたいた、道をてくてくとやってくる茶色い毛並みの猫君、
散歩から帰ってきたか、ご飯を食べに行っていたのか?
定位置に向かって人様には目もくれずてくてくと・・・・ご帰還。
会えたね。

明日は朝から盛岡へ。
こちらの公演もまもなくです。そして盛岡から東京経由、大阪までの移動です。
何キロ明日は走るのだ。(新幹線に乗っているだけですが)
日本縦断!!

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる