ひな祭りにヤキを入れる!

 hinamatsuri.jpg
ふふふ・・・ヤキをいれたぜぇ~

お雛祭りの本日、薄焼き卵でくるんだちらし寿司が夕飯に。
子供のころはこれがお雛様の胴体になり、ウズラの卵が顔になって・・・というものが必ず登場。
懐かしい母の料理です。そのバリエーションです。

それで、
yaki.jpg

ここです。金串をガスコンロで焼いて・・・・ジューッと・・・・・
母としては、ハマグリの貝模様のつもりで・・・・というリクエスト。
しっかりヤキを入れさせていただきました。

 

とまあ、それは冗談で・・
皆さん素敵なひな祭りを過ごされましたでしょうか。
雛飾りはもう飾らなくなりましたが、雛あられはちゃんと用意!

なかなかすっきりと良い天気になりませんね~。
デスクワークが続きますが、気分転換の散歩にも出にくい天気・・・。

気持ちが止まったら、未来の楽しいお知らせでも眺めましょうか。

Classical

目次

Vänskä Conducts Mahler

  • Thu May 26, 2011  7:30PM
    Orchestra Hall | $26-$73
  • Fri May 27, 2011  8PM
    Orchestra Hall | $26-$84
  • Sat May 28, 2011  8PM
    Orchestra Hall | $26-$84
  • Minnesota Orchestra
  • Osmo Vänskä, conductor
  • Juoko Harjanne, trumpet
Linkola Trumpet Concerto 25′
Mahler Symphony No. 6 75′

One of the great gifts that Music Director Osmo Vänskä regularly gives Minnesota audiences is an introduction to unbelievably gifted singers, instrumentalists and composers from his native Finland—a nation unrivalled for passionate classical music-making. Juoko Harjanne is one such artist, and he’ll dazzle audiences with a concerto that showcases his virtuosity. This concert is filled with glorious brass moments, none finer than those found in Mahler’s sweeping Symphony No. 6—among the season’s must-hear events.

ということで、オスモさんとヨウコさんがミネソタで共演します。あくまで来年、2011年の話ですが・・・。
メインはマーラー6番ですよ。
気持ちは飛んでゆきたいところですが、現実に可能かどうか。

今年は4月から急激に忙しくなります。急に頂いた仕事もあり、夏までに抱える曲数はかなりのものになりますね。ありがたいことです。全部栄養にして体内に吸収してしまえ、と思っています。
カロリーにはならないので安心です。(>_<)

ヤキがまわったようです・・・・・・

 

コメント

コメントする

目次
閉じる