一体どうしろと・・・

航空会社がこのたび決めた機内持ち込み荷物サイズの規定を厳格に・・・のこと。

確かに皆が勝手になんでも持ち込めばトラブルは起きる。
ただでさえ飛行機発着ラッシュ時は遅れが常となってしまっている。
その上に荷物のトラブルが重なっていた最近の状況を見かねて・・・という事情は十分に理解できる。

しかし

確実に音楽家は困る。演奏家は困る。
そして特別運搬コストが増えれば、音楽業界全体のコストが上がり・・・
それはお客様の足が遠のいてしまう一因につながりかねない。

今月から早速始まってしまった。皆さん大いに困っていると思う・・・。

楽器は国際線に乗るとチェックイン時に非常に厳しくチェックを受ける。
14年前の演奏旅行ではロシアで2時間を費やしたチェックがあった。
まるで武器のように見えるケースもある。「この長い筒はなんだ?」と聞かれる。
「この隙間に何かあるが・・・」楽器は複雑なのだ。

9.11以後世界的に厳しくなっている。厳しいのは大いに賛成だけど何か良い方法はないのだろうか。
楽器用に必ず隣の席を購入?まさに死活問題となる。
そして楽器の大きさはそれぞれなので、問題なく持ちこめる人もいるわけだ。
オーケストラの中でも問題点に差が生じる。

国内移動は新幹線や車やバスが増えるのかな・・・・・

日本の航空関係の問題は山積みですね。
経営も、運営も。 たくさん作ってある空港の使い道も、使い方も。
コストと利用率のバランスも。

本日は、国立音大と横浜国大へ。飛行機は使いません!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる