Ukkosenilma! 雷雨です!

雷雨が続きます。関東です。
昨夜の大阪からの戻りは、雷雨を背負って帰ってきました。
千葉駅到着時には列車の遅れと酷い雷雨で、駅も深夜ながら右往左往・・・

雷はukkonen といいます。ちなみにお爺さんがukkoというのが面白い。

月曜日は相愛大学ウィンドオーケストラリハーサル。
演奏会まで一ヶ月を切りました。少しペースアップをしていきましょう。
でも練習はあわてずに。ちゃんと音を作り上げることが何より大事・・・だと思います。
急がば回れ。音楽大学の日々を学生たちは自分を鍛え上げるために存分に使って欲しい。

このところ手がけている作品、そして講義のために改めて勉強していたフィンランドの歴史、
チェコ・ロシア(ソ連)・フィンランドという、歴史に深く重い歩みを残している関係を持つ国々の作品を同時に勉強しています。
作曲者たちはその厳しい現実の日々の中で作品を生んでいます。
決して「美しい夢の中」だけで音が生まれてきたわけではない。
音楽的な聖域に通用する言語だけで語られているわけでもない。
書き記す手段は限られていても、楽譜という窓の奥は限りなく広い・・・

ドヴォルジャーク、ショスタコーヴィチ、シベリウス・・・・
その時敵対する両国の資料からは、それぞれの立場で書かれた歴史が見えます。

誰もがおのおのの歴史を持って命を燃やしています。
そんな歴史の重みも同時に音の背景に写りこんでいることを感じてしまいます。

同時に、目の前にある楽譜の歩みも・・・・演奏家は気をつけて調べないといけない・・・
今接しているショスタコーヴィチとシベリウスについて、多くのことを再認識させられています。

お、
ukkonen遠ざかったようです・・・・
静かになりました。

本日は鍼灸院に行きました。
鋼鉄のような背中を治していただき、次の公演と録音にむけて心身リセットです!
この2週間でなんと2キロ減少!
このまま続くかな???

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる